カラシニコフ社がフランス大手エアソフト企業サイバーガン社を商標権侵害で提訴。ロシア国営通信が報じる

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Концерн Калашников
This photo is for illustration purposes only.
ロシア国営通信社・RAPSIは3日、カラシニコフ社(Kalashnikov Concern)が、イジェフスクを首都に持つロシア連邦ウドムルト共和国の商事裁判所(Commercial Court)において、フランス・ボンドゥフルに本社を置く大手エアソフト企業のサイバーガン社(Cybergun, S.A.)を相手取り、商標権侵害の訴えを申し立てていたことを報じた。

関連記事:
カラシニコフ社が商標権の侵害で国内のエアソフトショップに賠償請求の書簡を送付
ロシアの法律情報機関であるRAPSI(Russian Legal Information Agency)は、2009年2月10日に「報道機関と文化遺産の保護」を掲げた法令順守(コンプライアンス)によって登録された連邦調査サービスによる電子定期刊行物。

裁判記録によると、カラシニコフ社はサイバーガン社に対して、商行為をおこなっている中で「カラシニコフ(「Калашников」と「Kalashnikov」という表記)」のラベル、ブランドネームおよび、その起源となった故人の名称である「M. T.カラシニコフ(Mikhail Timofeyevich Kalashnikov)」が、商標の一部として機能していることを認めるよう要求し、サイバーガン社の活動に違法性を指摘している。

関連記事:
サイバーガン社の意欲的なビジネスの見通しが発表。2017年度の事業展開は好発進か

裁判所は本件の審理を3月13日におこなう見込み。

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい!
ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート
「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』
リーボックが2019年度新製品のタクティカル・フットウェアを発表
 完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい! (2018-12-10 18:27)
 ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開 (2018-12-07 14:14)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート (2018-12-06 12:39)
 「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』 (2018-12-05 18:24)
 リーボックが2019年度新製品のタクティカル・フットウェアを発表 (2018-12-04 15:03)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop