広大な「飛行機の墓場」でエアソフトゲーム。米国のタクティカル・チャレンジ映像

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
広大な「飛行機の墓場」でエアソフトゲーム。米国のタクティカル・チャレンジ映像
米国のエアソフト軍事シミュレーションシリーズ、「オペレーション・ライオン・クロウズ(OLCMSS: Operation Lion Claws Military Simulation Series)」によるタクティカル・チャレンジ(LCTC: Lion Claws Tactical Challenge)が、9月22日・23日の2日間に掛けておこなわれた。

9つのチームが参加し、「HVT(High-Value Target)捜索ミッション」などに取り組み、今年度のタイトル奪取で競い合っている。
広大な「飛行機の墓場」でエアソフトゲーム。米国のタクティカル・チャレンジ映像
Photo from Mojave Air & Spaceport
一昨年前にもお届けしているこのイベントは、カリフォルニア州、ユタ州、ネバダ州、アリゾナ州にまたがり、琵琶湖52個分に相当する35,000平方キロメートルの面積を持つモハーヴェ(Mojave)砂漠がバトルの舞台。ここには用済みとなった航空機の機体が集まる「飛行機の墓場」があることが世界的にも知られている。LCTCではマニア垂涎のその贅沢な環境を余すことなく活用している。

関連記事:
「旅客機の墓場」を舞台とした米国のエアソフトイベント

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解
アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定
 ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。 (2020-04-02 19:48)
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表 (2020-03-14 16:51)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
 シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解 (2020-03-12 20:31)
 アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定 (2020-03-11 16:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop