広大な「飛行機の墓場」でエアソフトゲーム。米国のタクティカル・チャレンジ映像

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
広大な「飛行機の墓場」でエアソフトゲーム。米国のタクティカル・チャレンジ映像
米国のエアソフト軍事シミュレーションシリーズ、「オペレーション・ライオン・クロウズ(OLCMSS: Operation Lion Claws Military Simulation Series)」によるタクティカル・チャレンジ(LCTC: Lion Claws Tactical Challenge)が、9月22日・23日の2日間に掛けておこなわれた。

9つのチームが参加し、「HVT(High-Value Target)捜索ミッション」などに取り組み、今年度のタイトル奪取で競い合っている。
広大な「飛行機の墓場」でエアソフトゲーム。米国のタクティカル・チャレンジ映像
Photo from Mojave Air & Spaceport
一昨年前にもお届けしているこのイベントは、カリフォルニア州、ユタ州、ネバダ州、アリゾナ州にまたがり、琵琶湖52個分に相当する35,000平方キロメートルの面積を持つモハーヴェ(Mojave)砂漠がバトルの舞台。ここには用済みとなった航空機の機体が集まる「飛行機の墓場」があることが世界的にも知られている。LCTCではマニア垂涎のその贅沢な環境を余すことなく活用している。

関連記事:
「旅客機の墓場」を舞台とした米国のエアソフトイベント

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
サバゲーの戦いの舞台は空へ?エアソフトで武装する空飛ぶアイアンマンスーツが完成
エアソフトガンで練習すれば実銃もうまくなるのか?
【PR】Gunsmith BATON 所沢店がオープン
「2019年のエアソフトガン市場は18億4,600万ドル(約2,000億円)」調査会社がレポートを公開
「SIG P320ピストルが暴発し重症を負った」男性が1,000万ドル(約10.8億円)の慰謝料を求めて裁判
「SIG P320 / M17」ピストル専用に設計、拡張性を高めた新型コンバージョンキット『FLUX MP17』
 サバゲーの戦いの舞台は空へ?エアソフトで武装する空飛ぶアイアンマンスーツが完成 (2019-10-09 12:20)
 エアソフトガンで練習すれば実銃もうまくなるのか? (2019-10-02 19:22)
 【PR】Gunsmith BATON 所沢店がオープン (2019-10-01 10:32)
 「2019年のエアソフトガン市場は18億4,600万ドル(約2,000億円)」調査会社がレポートを公開 (2019-09-27 18:59)
 「SIG P320ピストルが暴発し重症を負った」男性が1,000万ドル(約10.8億円)の慰謝料を求めて裁判 (2019-09-18 16:17)
 「SIG P320 / M17」ピストル専用に設計、拡張性を高めた新型コンバージョンキット『FLUX MP17』 (2019-09-12 18:11)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop