NEWS

レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中

海外軍事 Comments(0)

Photo from Raytheon Company
レイセオン社(Raytheon Company)が、各国陸上部隊の兵士に向けた新型のライフル用リフレックスサイト『エルカン・スペクター(ELCAN Specter)1XL CQS(Close Quarters Sight)』を発表した。
エルカン・スペクター1XL CQSは、近接戦闘用途に特化した軽量・堅牢な製品で、鮮明な視界を提供する大きなウィンドウとLED技術に特徴を持ち、マグニファイア―(拡大鏡)との組み合わせも想定した造りとなっている。射手の好みに応じて「レッドドット」または「サークルパータン付きレッドドット」など、複数のレティクルパターンを選択可能とし、周囲の状況認識レベルを落とすことなく、両目を開けた状態で素早く精確な射撃がおこなえる。


Photo du Ministère des Armées
同社リフレックスサイトシリーズに加わったこの新製品は、現在複数の軍隊において評価がおこなわれているという。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出
米陸軍特殊部隊が「Qコース」の期間大幅短縮など選抜過程を見直す動き
ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 女性兵士が初めて「グリーンベレー」選抜テストの第1段階を突破し「Qコース」に進出 (2018-11-20 16:57)
 米陸軍特殊部隊が「Qコース」の期間大幅短縮など選抜過程を見直す動き (2018-11-20 16:44)
 ベルギー軍が2020年前半までに『女性だけの特殊部隊』創設を計画 (2018-11-19 17:14)
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop