ロシア製スナイパーライフル「SVLK-14S」を使って、世界最長となる「4,178メートル」の標的射撃に成功

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
ロシア製スナイパーライフル「SVLK-14S」を使って、世界最長となる「4,178メートル」の標的射撃に成功
ロシアメディア各社は、首都モスクワから南西に180キロメートルはど離れたカルーガ州で、国産スナイパーライフルが世界最長となる「4,178メートル」の標的射撃に成功したことを一斉に報じている。

米国が打ち立てた4,167メートルの記録打倒を目指していたのは、プロモーション企業「Мир Бокса」のスナイパーチーム。今回の大記録樹立には、地元カルーガの銃器メーカー、「ロバエフ・アームズ(Lobaev Arms)」社が開発した「SVLK-14S(Twilight)」が使用されている。
ロシア製スナイパーライフル「SVLK-14S」を使って、世界最長となる「4,178メートル」の標的射撃に成功
Photo from Lobaev Arms
ロバエフ・アームズのSVLKは、全長1,430mm、重量10キログラム、.408 Cheytac / .338LM / .300WMに対応するボルトアクション式ライフル。強化多層カーボンファイバー、ケヴラーなどの素材が本体に使われ、「超長距離」射撃に特化している。

8年越しの準備期間を経てこの日放たれた弾頭は、初速1,000~1,100メートル/秒で飛び出し、4キロメートル以上も離れた1メートル四方の標的に着弾するまで、およそ13秒の時間を要したという。

ロシア製スナイパーライフル「SVLK-14S」を使って、世界最長となる「4,178メートル」の標的射撃に成功
東京スカイツリーを中心に、半径4,200メートルで円を描いた。数値上では、北方に北千住駅、東方に新小岩駅が、また西方を見ると秋葉原をすっぽりと収め、御茶ノ水駅までがその射程範囲に入る。

一連の報道によると、SVLK-14Sの価格は約200万ルーブル(=約390万円)という高級品で、このモデル自体は現状、量産に対応していないが、同社幹部によると近い将来に量産化を図るようだ。

レコードホルダーとなったこのSVLK-14Sについては昨秋、「ロシアが3キロメートル以上先からも殺害能力を持つ、世界最強のパワフルなスナイパーライフルをシリアに持ち込む」という一報が話題となった際にクローズアップされている。

関連記事:
イラクで英雄的活躍をする謎のスナイパー&ロシアが超長距離射撃用の狙撃銃をシリアで展開か

当時、ニコライ・ロバエフ(Nikolay Lobaev)社長は、「既に3,400メートルの超長距離射撃を成功しているので、次は4,200メートルにおよぶ超々長距離射撃の成功を目指す」と宣言しており、今回の記録樹立は、それからちょうど1年越しで結実させた格好となる。

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
SOG Specialty Knivesの創業者、スペンサー・フレイザー氏が引退
片手が塞がれた状態でピストル弾倉の交換をサポートするトーレント・ローディング「RLS-1」
ドッペルギャンガーがサバゲーマーの装備を美しくディスプレイし収納できる専用什器シリーズを発売
SOMOGEARが米軍特殊部隊の次世代照準レーザー『NGAL』のエアソフト用レプリカ製品を発売
リューポルドが5タイプのプロテクションアイウェアを発表
台湾ラプター(Raptor)エアソフトがロシア現用拳銃『MP443』のリリース間近を発表
 SOG Specialty Knivesの創業者、スペンサー・フレイザー氏が引退 (2020-02-08 11:42)
 片手が塞がれた状態でピストル弾倉の交換をサポートするトーレント・ローディング「RLS-1」 (2020-01-30 16:30)
 ドッペルギャンガーがサバゲーマーの装備を美しくディスプレイし収納できる専用什器シリーズを発売 (2020-01-24 10:55)
 SOMOGEARが米軍特殊部隊の次世代照準レーザー『NGAL』のエアソフト用レプリカ製品を発売 (2020-01-23 14:00)
 リューポルドが5タイプのプロテクションアイウェアを発表 (2020-01-21 15:20)
 台湾ラプター(Raptor)エアソフトがロシア現用拳銃『MP443』のリリース間近を発表 (2020-01-10 17:05)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop