SIG AIR電動エアソフトガン『ProForce MCX Virtus(ヴィルトゥス)』

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
SIG AIR電動エアソフトガン『ProForce MCX Virtus(ヴィルトゥス)』
SIG Sauerが新製品「SIG AIR ProForce MCX Virtus(ヴィルトゥス)」を紹介した。本製品は、SIG社の中で急成長を遂げている「SIG AIR」部門の設計する電動式のエアソフトガン(AEG: Automatic Electric Gun)。プロフェッショナルにも使えるレクリエーションゲーム向けの最新作となっている。
SIG AIR電動エアソフトガン『ProForce MCX Virtus(ヴィルトゥス)』
CNC加工のレシーバー、M-LOKハンドガード、3点ポジションの伸縮式ストック、ピカティニー規格対応レールによる光学的な拡張性を持つ他、ホップアップ調整機能を搭載し、BB弾の飛翔安定性を図ることで、飛距離と精度の向上に繋げている。
6mm BB弾対応の付属マガジン容量は120発。推奨は11.1v Li-Poバッテリーとなっている。

ProForce MCX Virtus:
全長:30インチ
バレル長:11.5インチ
重量:6.5ポンド
弾薬:6mm BB
装弾数:120発
駆動方式:電動

実銃SIG MCX Virtus
2017年に発売になった「第2世代MCX」であるMCX Virtusは銃身やストック、アッパーレシーバーなどを自由に選び、実に500パターン以上の組み合わせを作ることができるモジュラー式自動小銃。各国特殊部隊での採用が続いている。

関連記事:
シグ社 SIG MCX Virtus自動小銃の利用シーンと耐久テストの様子が分かるプロモ動画を公開

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解
アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定
 ミステリーランチが新型コロナウイルス対策用の布マスクを製造開始。 (2020-04-02 19:48)
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 Trijicon社 レーザー照射で離れた場所の風向きデータを計測できる世界初のハンドヘルド風向計「Ventus」を発表 (2020-03-14 16:51)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
 シグ社 P320落下暴発に関する集団訴訟の原告団と和解 (2020-03-12 20:31)
 アメリカ陸軍 Mk.22 PSR用スコープにリューポルド社のMark 5 HDを選定 (2020-03-11 16:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop