SIG AIR電動エアソフトガン『ProForce MCX Virtus(ヴィルトゥス)』

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
SIG AIR電動エアソフトガン『ProForce MCX Virtus(ヴィルトゥス)』
SIG Sauerが新製品「SIG AIR ProForce MCX Virtus(ヴィルトゥス)」を紹介した。本製品は、SIG社の中で急成長を遂げている「SIG AIR」部門の設計する電動式のエアソフトガン(AEG: Automatic Electric Gun)。プロフェッショナルにも使えるレクリエーションゲーム向けの最新作となっている。
SIG AIR電動エアソフトガン『ProForce MCX Virtus(ヴィルトゥス)』
CNC加工のレシーバー、M-LOKハンドガード、3点ポジションの伸縮式ストック、ピカティニー規格対応レールによる光学的な拡張性を持つ他、ホップアップ調整機能を搭載し、BB弾の飛翔安定性を図ることで、飛距離と精度の向上に繋げている。
6mm BB弾対応の付属マガジン容量は120発。推奨は11.1v Li-Poバッテリーとなっている。

ProForce MCX Virtus:
全長:30インチ
バレル長:11.5インチ
重量:6.5ポンド
弾薬:6mm BB
装弾数:120発
駆動方式:電動

実銃SIG MCX Virtus
2017年に発売になった「第2世代MCX」であるMCX Virtusは銃身やストック、アッパーレシーバーなどを自由に選び、実に500パターン以上の組み合わせを作ることができるモジュラー式自動小銃。各国特殊部隊での採用が続いている。

関連記事:
シグ社 SIG MCX Virtus自動小銃の利用シーンと耐久テストの様子が分かるプロモ動画を公開

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
台湾ラプター(Raptor)エアソフトがロシア現用拳銃『MP443』のリリース間近を発表
台湾イベント「MOA 2019」でARCHWICKが『Mk13 Mod 7』エアソフト・スナイパーライフルを展示
現用装備x終末状況の新感覚イベント、『デザスターズキャンプ』が2020年1月25日(土)・26日(日)に開催
MilSimゲーム『メイソンロックV3』が2020年1月11日(土)に開催
シューター&T.REX ARMS社CEOのルーカス・ボトキン氏が創業から現在を語る
韓国エアソフトメーカー「GBLS」が HK416限定版『GDR416』を発表。DAS次期開発モデルは『89式小銃』か
 台湾ラプター(Raptor)エアソフトがロシア現用拳銃『MP443』のリリース間近を発表 (2020-01-10 17:05)
 台湾イベント「MOA 2019」でARCHWICKが『Mk13 Mod 7』エアソフト・スナイパーライフルを展示 (2019-12-18 16:35)
 現用装備x終末状況の新感覚イベント、『デザスターズキャンプ』が2020年1月25日(土)・26日(日)に開催 (2019-12-13 19:58)
 MilSimゲーム『メイソンロックV3』が2020年1月11日(土)に開催 (2019-12-12 14:07)
 シューター&T.REX ARMS社CEOのルーカス・ボトキン氏が創業から現在を語る (2019-12-11 13:12)
 韓国エアソフトメーカー「GBLS」が HK416限定版『GDR416』を発表。DAS次期開発モデルは『89式小銃』か (2019-12-10 15:25)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop