シグ社 SIG MCX Virtus自動小銃の利用シーンと耐久テストの様子が分かるプロモ動画を公開

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
2017年に発売になった「第2世代MCX」であるMCX Virtusは銃身やストック、アッパーレシーバーなどを自由に選び、実に500パターン以上の組み合わせを作ることができるモジュラー式自動小銃。各国特殊部隊での採用が続いているが、この利用シーンや耐久テストの様子を捉えたプロモ動画が公開されている。

Image from YouTube video
Virtusでは先代から銃身が肉厚になりアクセサリー装着ポイントがKeymodからM-lokに変更された。ガスピストンまわりも細かい変更が行われ動作性・整備性が向上している。5.56mm、.300blk口径の9インチ、11.5インチ、16インチの銃身が使用できるほか、より短い「Rattler」アッパーレシーバーでは5.5インチというPDW仕様にすることも可能だ。

関連記事:
シグ社・PDW用途向け超短縮型カービン「MCX Rattler」を発表 - ミリブロNews

ロングバージョンの動画では耐久テスト・精度テストの様子を見ることもできる。
SIG MCX VIRTUS Torture Testing - YouTube


Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201806
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開
「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
 ナビスター・ディフェンスがトヨタ・ハイラックスなど特殊部隊向け市販改造車輌(PB-NSCV)のPVを公開 (2018-10-12 17:16)
 「精確な射撃ができない」ドイツ・ベルリン警察が新制式拳銃『SFP9』×1,300挺をH&K社に返送 (2018-10-11 11:19)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop