台湾エアソフトメーカーSRUがSF映画「エリジウム」に触発された変換キット「SR HMA KIT」の予約販売を開始

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 映画・テレビ Comments(0)

Photo from SRU Precision
台湾のエアソフトガンメーカー:SRUが、ニール・ブロムカンプ監督の SF 映画「エリジウム」で主人公マックス(マット・デイモン)が使用した AKM にコンバージョンできるレプリカキット『SR HMA KIT(Heavily-Modified-Ak KIT)』のプレオーダーを開始した。

参考動画:「Elysium Official Extended Trailer」 2:04辺りに AK47 が登場 

関連記事:
舞台は2154年、マット・デイモン主演 映画「エリジウム」

Photo from SRU Precision
同社が製品化したのは、AKM のバレル上部に装着されていたエアバースト弾用のコンピュータ・ターゲット・システムのレプリカで、劇中では名称が無いため同社が『SR HMA KIT』と命名したようだ。設定では、米陸軍のエアバースト・グレネードランチャー XM25 のように射手が任意で弾を曳火させることができ、40mmグレネード弾(40x46mm)と同等の威力を持つ 7.62x39mm エアバースト弾を使用する。デザインを担当したのは、コンセプトアーティストのアーロン・ベック(Aaron Beck)。ゲーム「コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア」や映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」「アバター」「第9地区」などのアートワークを手掛けている。


Photo from SRU Precision
製品には銃本体は付属せず、バレル上部に装着するユニットのみである。東京マルイ、GHK、LCT の AK ライフルに対応している。ホロサイトの代わりに RMR タイプのコンパクトドットサイトを装着するレールが装備されている。 価格は、レーザーサイト付きのキットが 95 ドル、レーザーサイト無しが 60 ドル。尚、レーザーに関して使用する国の法律に注意するようにと表記がある。

Text: 弓削島一樹 - FM201709

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい!
ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート
「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』
リーボックが2019年度新製品のタクティカル・フットウェアを発表
 完全自作のエアソフト用エクソスケルトンがスゴい! (2018-12-10 18:27)
 ロシアの現用ハンドガン「MP443」のガスブロモデルのプロトタイプを台湾Bear Paw Productionが公開 (2018-12-07 14:14)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 田村装備開発の大阪出張「戦闘特別訓練」座学取材レポート (2018-12-06 12:39)
 「サーマルドリフト(温度変化)」でホロサイトが浮かび上がるEOTechの『サーモクロミック・マグカップ』 (2018-12-05 18:24)
 リーボックが2019年度新製品のタクティカル・フットウェアを発表 (2018-12-04 15:03)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop