シルヴェスター・スタローン不在の「ランボー」リブート版の製作が進行中

映画・テレビ Comments(0)

Photo: 'Rambo: First Blood Part II'
1980 年代を彩った不朽の名作、戦争アクション映画「ランボー」。そのリブート版となる作品の製作が、ニュー・イメージ傘下の映画製作・配給会社であるミレニアム・フィルムズ (Millennium Films) によって進行中である。ハリウッド・レポーター (THR: The Hollywood Reporter) が 28 日付けで独占的に報じている。
新起動する作品名は「ランボー:ニュー・ブラッド (Rambo: New Blood) 」となることが伝えられているが、シルヴェスター・スタローン (Sylvester Stallone) の起用についてはその構想に入っていない。


Image: poster of First Blood
© 1976 Canal+ D.A. All Rights Reserved.
THR によると、ランボー:ニュー・ブラッドの監督はアリエル・ヴロメン (Ariel Vromen) が、また脚本はブルックス・マクラーレン (Brooks McLaren) が担当するとのこと。なお、製作についてはまだ初期段階であるため、現時点では内容などの詳細は決まっていないと伝えている。

ランボー作品のリブートについては、2013 年にも取り上げられており、当時はカナダのエンターテイメント企業 Entertainment One Ltd. (eOne) が、ミレニアム・フィルムズとタッグを組んで、「ランボー」のテレビシリーズ化に乗り出すことが伝えられている。

関連記事:
スタローン不朽の名作「ランボー」がTVシリーズ化で復活か?

同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
シリーズスピンオフ作品『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』の公式トレーラー第2弾が公開
グロック社の新スポークスマンに俳優の『チャック・ノリス』氏(79歳)が就任
ロシアMMOシューティングゲーム「Escape from Tarkov」の実写ドラマが公開
フィンランド「継続戦争」を延べ14,000名超とギネス記録の火薬で描く映画『アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場』
香港Angry GunがマルイM4 GBB用「ジョン・ウィックのライフル」コンバージョンキットを発売
枕はサイレンサーの代わりになるか?比較実験動画が公開
同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
 シリーズスピンオフ作品『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』の公式トレーラー第2弾が公開 (2019-04-22 12:53)
 グロック社の新スポークスマンに俳優の『チャック・ノリス』氏(79歳)が就任 (2019-04-12 17:26)
 ロシアMMOシューティングゲーム「Escape from Tarkov」の実写ドラマが公開 (2019-04-05 18:59)
 フィンランド「継続戦争」を延べ14,000名超とギネス記録の火薬で描く映画『アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場』 (2019-04-05 18:46)
 香港Angry GunがマルイM4 GBB用「ジョン・ウィックのライフル」コンバージョンキットを発売 (2019-03-14 18:25)
 枕はサイレンサーの代わりになるか?比較実験動画が公開 (2019-03-13 16:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop