ドイツ・レプリカ銃企業『ウマレクッス』が、米銃器メーカー『スミス&ウェッソン』公式ライセンス製品を拡大

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from UMAREX
This photo is for illustrative purposes only.
ドイツに本社を置くレプリカ銃関連企業『ウマレクッス社(UMAREX GmbH & Co. KG)』が、エアソフト、ペイントボールカテゴリーにおいて、米銃器メーカー『スミスアンドウェッソン(S&W: Smith & Wesson)』との公式ライセンス製品を拡大すると発表した。
ウマレクッス社は欧州最大のエアガン輸入業者であり、世界最大規模のレプリカ銃製造事業者として知られる。1996年以来スミス&ウェッソンの名を冠したペレット銃やエアソフト製品のライセンスパートナーとなっている。

北米市場におけるエアソフト部門、「エリート・フォース」の国内セールスマネージャーを務めるクリフ・アイゼンベルガー(Cliff Eisenbarger)氏はプレスリリースの中で、「我々の品質、一貫性、サービスはエアソフト業界のスタンダードを全く新しい基準に設定した」「そしてスミスアンドウェッソンを当社の強力なライセンスブランドに加えたことで、我々は6mm BB弾を使用するエアソフト市場においての優位性を継続させるだろう」と語っている。

関連記事:
ワルサー、Umarexと北米での経営資源共有を発表

Source: UMAREX Expands Official License with Smith & Wesson

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに
Umarexより正規ライセンス取得のHK416D PTWが間もなく登場?
ロシア製短機関銃『PP2000』のガスブローバック版エアソフトを台湾のModify社が開発中
明日香縫製×VTG共催による新イベントゲーム『DISASTERZ(デザスターズ)』が5/1にコンバットゾーン京都で開催
香港Angry GunがマルイM4 GBB用「ジョン・ウィックのライフル」コンバージョンキットを発売
UMAREXが正規ライセンス取得のG19XとG19をガスブローバックでリリース予定
 ロシアのNPOが「CP2M(SR2M)」電動ガンをリリース予定。仕様の詳細が映像で明らかに (2019-03-22 10:08)
 Umarexより正規ライセンス取得のHK416D PTWが間もなく登場? (2019-03-21 16:11)
 ロシア製短機関銃『PP2000』のガスブローバック版エアソフトを台湾のModify社が開発中 (2019-03-15 15:09)
 明日香縫製×VTG共催による新イベントゲーム『DISASTERZ(デザスターズ)』が5/1にコンバットゾーン京都で開催 (2019-03-14 20:31)
 香港Angry GunがマルイM4 GBB用「ジョン・ウィックのライフル」コンバージョンキットを発売 (2019-03-14 18:25)
 UMAREXが正規ライセンス取得のG19XとG19をガスブローバックでリリース予定 (2019-03-11 14:01)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop