オンラインタンクバトル『World of Tanks』の最新作「Mercenaries(マーセナリーズ)」がリリース開始

ビデオゲーム レポート Comments(0)
戦車ゲームといってまず思い浮かぶのが『World of Tanks』。
2010年のサービス開始以降、全世界で1,500万人以上のプレーヤーを抱える人気作だが、このほどPS4やXboxで展開されているコンソール版に最大級のアップデートとなる『World of Tanks Mercenaries』が登場した。
舞台は「史実と異なるWW2」。帝国海軍がミッドウェイで空母を失わなかったら、ヒトラーが東部戦線で深追いしなかったら・・・という想定の元、長期化した大戦は1948年の核攻撃まで続いたという設定の世界だ。

そんな荒廃した世界においてプレーヤーはマーセナリーズ(傭兵)となって独自の判断でミッションを請負い、その報酬で車両を獲得したりアップグレードしてゲームを進めていく。

そのため戦車開発の技術ツリーは従来の国家別ではなくオリジナル要素を多分に含んでいるのが特徴。中には「T55の車体」に「スーパーパーシングの砲塔」と「88mm砲」を備えたオリジナルの戦車もあるという。

今回の配信記念のプレスイベントにおいてはアメリカよりシニアゲームデザイナーのダロルド・ヒガ氏、ベラルーシよりCISリージョナルプロダクトディレクターのアナスタシア・プリビルスカヤさんが上記のアップデート内容などを紹介した。
ちなみにアナスタシアさんは本作に登場する女性キャラクター「Lost Renegade」のモデルにもなっている。

他にもキャンペーンゲームは壮大なストーリーを1人で楽しめるだけでなく仲間とオンラインマルチプレーヤーモードで協力プレイで進めることが可能。もちろん従来どおりPvPやPvEでも楽しめる。
壮大なストーリーや今まで以上にパワーアップした戦車戦闘、オリジナリティの高い技術ツリーなどコンソール版ならではの見どころの多いオンラインゲームに仕上がっている。戦車好きならずとも注目の作品だ。

World of Tanks Mercenaries
ジャンル:アクション/MMO
価格:基本無料
レーティング:PEGI7+ / ESRB T / USK 12
リリース:2016年6月26日
プラットフォーム:PlayStation4、PlayStation4Pro、Xbox 360、Xbox One、Xbox One X
公式web:https://console.worldoftanks.com/ja

Text & Photo: 乾宗一郎

同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事画像
カプコン『BLACK COMMAND』最新アップデート『ノーザンウォッチ』が配信開始!
『Black Command』大型アップデート第2弾、「バイオハザード」とのコラボキャンペーンが開催中
「Black Command」リアルPMCコントラクター特別インタビュー~第4回元グリーンベレー「ピンク」編
「Black Command」リアルPMCコントラクター特別インタビュー~第3回「シェルダン」編
「Black Command」リアルPMCコントラクター特別インタビュー~第2回「アーロン」編
『Black Command』が大型アップデート!世界中のプレイヤーと対戦可能な『RIVALS ARENA』が開幕
同じカテゴリー(ビデオゲーム)の記事
 カプコン『BLACK COMMAND』最新アップデート『ノーザンウォッチ』が配信開始! (2019-01-18 13:12)
 『Black Command』大型アップデート第2弾、「バイオハザード」とのコラボキャンペーンが開催中 (2018-12-26 18:49)
 「Black Command」リアルPMCコントラクター特別インタビュー~第4回元グリーンベレー「ピンク」編 (2018-12-23 16:16)
 「Black Command」リアルPMCコントラクター特別インタビュー~第3回「シェルダン」編 (2018-12-22 15:15)
 「Black Command」リアルPMCコントラクター特別インタビュー~第2回「アーロン」編 (2018-12-21 17:49)
 『Black Command』が大型アップデート!世界中のプレイヤーと対戦可能な『RIVALS ARENA』が開幕 (2018-12-20 19:10)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop