NEWS

米空軍特殊作戦軍団、CV-22事故調査を報告

海外軍事 Comments(0)
米空軍特殊作戦軍団(AFSOC:Air Force Special Operations Command)は16日、今年4月9日にアフガニスタンで発生した、CV-22(V-22オスプレイのAFSOCタイプ)の事故調査報告を行った。夜間着陸時において発生したこの事故によりパイロットや陸軍レンジャー、PSCを含む4名が死亡し、16人が負傷していると報告されている。

AFSOC:Air Force Special Operations Command
http://www.afsoc.af.mil/

米空軍特殊作戦軍団、CV-22事故調査を報告
Photo:Air Force Special Operations Command
V-22オスプレイは、ベル/ボーイングにより開発・生産されているティルトローター機。回転翼機と固定翼機との長所を併せ持った新型チルトローター機として注目を集めたがその開発は順調ではなかったとされ、1991年から現在までに5件の重大事故を起こしている。今回発表された今年4月の事故は5件目の事故に関する報告となり、それまでの4回が開発段階での事故であったのに対して、実用段階で起きた事故という観点からも大きな注目を集めていた。

事故発生当初、メーカー側は事故と機体との因果関係については、機体そのものの問題ではないとして報告していたいが、今回の報告において、事故原因の特定が明記されていなかったものの、事故要因の1つとして機体固有の問題につながるエンジン出力の低下が挙げられている。

現在V-22は、空軍特殊作戦用途にCV-22がMH-53MペイブロウⅣの後継機として50機の要求がおこなわれ、海兵隊ではMV-22がCH-46Eシーナイトの後継として360機の調達が予定されている。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop