NEWS

ボーイング、米空軍EODへSUGVの初回納入完了

海外軍事 Comments(0)
Boeingは31日付のリリースで、iRobot社とともに進めていた、米空軍EOD(Explosive Ordnance Disposal:爆発物処理)チーム向けのSUGV(Small Unmanned Ground Vehicles:小型無人地上車両)の、初回納入分となる30車両の提供を開始したことを発表した。
SUGVの空軍EODへの納入については、昨年10月にBoeingより発表があった。その際には、2012年9月での完納予定とし、Model.310のSUGVを70両、総額にして384万ドルの発注を米空軍より受けていた。

BoeingとiRobotは、戦略的な提携の下、2007年よりSUGVシリーズの開発を手掛けてきたとしている。兵士のリスクを最大限に抑え、効果的な任務遂行ができる点が、この手の無人機導入における最大の利点といえる。とりわけEODなど、生命の危険が及ぶ任務にあたる兵士には、有難い存在となる。

今回BoeingとiRobotにより開発された米軍納入モデルでは、一般的な家庭用ロボットと様々な仕様面で異なるとしている。オフィシャルに公開されているModel.310 SUGVにおける主なスペックは以下の通り。
 重量:13.2 kg
 高さ:22.9~89.7cm
 横幅:34.8~43.7cm
 全長:70.8~76.1cm
 速度:10 km/h
 通信距離:約1,000m


iRobot Boeing 310 SUGV

参考記事:
http://boeing.mediaroom.com/index.php?s=43&item=1602
http://www.irobot.com/gi/ground/
http://www.globalsecurity.org/military/library/news/2010/10/mil-101012-boeing01.htm
http://www.sugv.com/pdfs/310_SUGV.pdf
http://www.boeing.com/news/frontiers/archive/2010/july/July10_spread.pdf
http://www.bctmod.army.mil/news/common_controller.html
http://www.army.mil/-images/2007/05/07/4481/
http://www.army.mil/-news/2010/07/07/41581-army-plans-network-integration-exercise/


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難
パキスタンとの争いを背景にインドが陸海空の特殊部隊から選抜する精鋭ユニット『局所攻撃部隊』創設を検討
エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難 (2018-12-06 12:11)
 パキスタンとの争いを背景にインドが陸海空の特殊部隊から選抜する精鋭ユニット『局所攻撃部隊』創設を検討 (2018-12-05 15:10)
 エストニア軍の新制式小銃に米国『ルイス・マシーン・アンド・ツール(LMT)』社が受注獲得 (2018-12-05 12:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop