NEWS

フランス軍、コンクリート弾でカダフィ派を攻撃

海外軍事 Comments(0)
フランス軍、コンクリート弾でカダフィ派を攻撃フランス軍は28日付けの発表で、フランス空軍の戦闘機によるリビア空爆の際において、善良なる市民への犠牲をなくし、カダフィ派の戦車を撃破する為に、爆薬に代わってコンクリートが詰め込まれた不活性の爆弾による攻撃を実施していたことを明らかにした。フランス軍スポークスマンによると、この不活性の「訓練弾」は300Kg程度のものであったとしており、以前に報道されていた実弾の不足による訓練弾の使用については否定している。

参考記事:
Dfense News - 28 Apr 2011

※写真は参考。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
リビジョン・ミリタリーが「ガルビオン(Galvion)」に社名変更
30年後の未来に向けた米軍の「サイボーグ兵士」計画で、兵士は『脳で通信』を可能に?
米陸軍に納品されたカプコ社の『M320』グレネードランチャーは欠陥品。100万ドルの支払い命令
「30mmガトリング砲で敵32名を排除」「弾切れ寸前の補給部隊を救出」A-10パイロット2名に勲章
H&K社の監査委員会議長に電撃解任要求。大株主と謎めいた企業との「権力闘争」に発展か
ピンは歯で抜ける?覆いかぶさったら周りは無傷?手榴弾に関する不都合な真実
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 リビジョン・ミリタリーが「ガルビオン(Galvion)」に社名変更 (2019-12-06 12:13)
 30年後の未来に向けた米軍の「サイボーグ兵士」計画で、兵士は『脳で通信』を可能に? (2019-12-05 17:14)
 米陸軍に納品されたカプコ社の『M320』グレネードランチャーは欠陥品。100万ドルの支払い命令 (2019-12-04 16:35)
 「30mmガトリング砲で敵32名を排除」「弾切れ寸前の補給部隊を救出」A-10パイロット2名に勲章 (2019-12-04 12:02)
 H&K社の監査委員会議長に電撃解任要求。大株主と謎めいた企業との「権力闘争」に発展か (2019-12-03 13:46)
 ピンは歯で抜ける?覆いかぶさったら周りは無傷?手榴弾に関する不都合な真実 (2019-12-02 17:33)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop