NEWS

NATO、リビアで米軍のUAV MQ-8 を損失

海外軍事 Comments(0)
NATO、リビアで米軍のUAV MQ-8 を損失リビアで展開中の NATO において、米軍のドローン・ヘリコプター (VTUAV:Vertical Takeoff and Landing Tactical UAV) が消息を絶った。

21日付けの DefenseNews 記事によると、同日 NATO が、米軍所属の MQ-8B Fire Scout が通信途絶して失われたと発表。
MQ-8 Fire Scout は Northrop Grumman Co., が米海軍向けに開発した LCS(Littoral Combat Ship:沿岸戦闘艦) サポート用のヘリコプター型 UAVだ。

今回の事件において、当初こそ機種や所属は明らかにされていなかったものの、米軍関係者によって該当機が MQ-8 だと明らかにされた。

リビア情勢においては、今年 3月21日 に米空軍所属の F-15E が墜落しているが、NATO が任務を引き継いだ後で航空機の喪失が発生したのはこれが初めてとなる。

またリビア国営テレビは Zliten 近くで AH-64 アパッチ 攻撃ヘリを撃墜したと主張しているが、それについて NATO はその事実を否定している。

DefenseNews 2011/6/21


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
リビジョン・ミリタリーが「ガルビオン(Galvion)」に社名変更
30年後の未来に向けた米軍の「サイボーグ兵士」計画で、兵士は『脳で通信』を可能に?
米陸軍に納品されたカプコ社の『M320』グレネードランチャーは欠陥品。100万ドルの支払い命令
「30mmガトリング砲で敵32名を排除」「弾切れ寸前の補給部隊を救出」A-10パイロット2名に勲章
H&K社の監査委員会議長に電撃解任要求。大株主と謎めいた企業との「権力闘争」に発展か
ピンは歯で抜ける?覆いかぶさったら周りは無傷?手榴弾に関する不都合な真実
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 リビジョン・ミリタリーが「ガルビオン(Galvion)」に社名変更 (2019-12-06 12:13)
 30年後の未来に向けた米軍の「サイボーグ兵士」計画で、兵士は『脳で通信』を可能に? (2019-12-05 17:14)
 米陸軍に納品されたカプコ社の『M320』グレネードランチャーは欠陥品。100万ドルの支払い命令 (2019-12-04 16:35)
 「30mmガトリング砲で敵32名を排除」「弾切れ寸前の補給部隊を救出」A-10パイロット2名に勲章 (2019-12-04 12:02)
 H&K社の監査委員会議長に電撃解任要求。大株主と謎めいた企業との「権力闘争」に発展か (2019-12-03 13:46)
 ピンは歯で抜ける?覆いかぶさったら周りは無傷?手榴弾に関する不都合な真実 (2019-12-02 17:33)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop