NEWS

ドイツBWB、DINGO2とENOKの発注状況を公開

海外軍事 Comments(0)
ドイツ軍の装備調達部門・BWB (Bundesamt für Wehrtechnik und Beschaffung) は 2011/4/13 に、KMW (Krauss Maffei Wegmann GmbH & Co.KG) に Dingo 2 GE A3.3×39 両と、Daimler AG に対して Mercedes-Benz LAPV 5.4 こと ENOK×76 両 を発注した。


KMW に発注した39両 の Dingo 2 GE A3.3 については、GFF (Geschutzte Fuhrungs und Funktionsfahrzeuge) Group 3 にあたる警備/パトロール型で、遠隔操作式ウェポン ステーションとして FLW100 あるいは FLW200 を装備するとしており、従来型との違いは、後部の貨物搭載スペースがキャンバストップからハードトップになるとのことだ。

また、Daimler AG に対して発注した 76 両 のENOK については、警備任務用の装甲車で、2013 年にデリバリーの予定をしている。2011 年の 2-3 月から ENOK の実戦投入が始まっており、防禦力強化のために Wolf SSA 装甲キットを追加設置している。

BWB 2011/6/21

過去の「軍用車輌」、「AFV(Armored Fighting Vehicle)」関連記事:
Thales豪州、累計800両超のBushmasterを受注
米ヴァージニア州警察、F-550ベースの装甲車を採用
OSHKOSH、陸軍用トラックのレストアを1万両突破
BAEシステムズ、最新MPVとなるRG-35 RPUを発表


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop