NEWS

ドイツBWB、DINGO2とENOKの発注状況を公開

海外軍事 Comments(0)
ドイツ軍の装備調達部門・BWB (Bundesamt für Wehrtechnik und Beschaffung) は 2011/4/13 に、KMW (Krauss Maffei Wegmann GmbH & Co.KG) に Dingo 2 GE A3.3×39 両と、Daimler AG に対して Mercedes-Benz LAPV 5.4 こと ENOK×76 両 を発注した。

ドイツBWB、DINGO2とENOKの発注状況を公開ドイツBWB、DINGO2とENOKの発注状況を公開
KMW に発注した39両 の Dingo 2 GE A3.3 については、GFF (Geschutzte Fuhrungs und Funktionsfahrzeuge) Group 3 にあたる警備/パトロール型で、遠隔操作式ウェポン ステーションとして FLW100 あるいは FLW200 を装備するとしており、従来型との違いは、後部の貨物搭載スペースがキャンバストップからハードトップになるとのことだ。

また、Daimler AG に対して発注した 76 両 のENOK については、警備任務用の装甲車で、2013 年にデリバリーの予定をしている。2011 年の 2-3 月から ENOK の実戦投入が始まっており、防禦力強化のために Wolf SSA 装甲キットを追加設置している。

BWB 2011/6/21

過去の「軍用車輌」、「AFV(Armored Fighting Vehicle)」関連記事:
Thales豪州、累計800両超のBushmasterを受注
米ヴァージニア州警察、F-550ベースの装甲車を採用
OSHKOSH、陸軍用トラックのレストアを1万両突破
BAEシステムズ、最新MPVとなるRG-35 RPUを発表


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ベトナム戦争中の爆撃クレーターを衛星画像から発見する機械学習アルゴリズムをオハイオ州立大学の研究者が開発 (2020-04-06 21:56)
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop