NEWS

ロシア新型主力戦車T-95が中国で話題再燃?

海外軍事 Comments(0)
一旦は立ち消えになったはずの ロシア 新型 主力戦車 (MBT: Main Battle Tank) "T-95" について、中国を発信元とするインターネット上の話題が再燃している。

2007年末、ロシアの Nikolai Makarov 国防副大臣は、ロシア陸軍に配備されている主力戦車 T-90、T-72、T-80 の後継戦車として 2009年以降での量産化を図るべく、全く新しい構造の車体を持つ主力戦車の開発について言及した。また国防副大臣は更に、戦車に搭載させる攻撃用武器や、戦車の要(かなめ) とも言える FCS (Fire Control Systems:射撃管制装置) の更新についても言及していた。

しかし 2010年4月に、ロシア国防省は、予算面での問題を主な理由に挙げ、T-95 の開発計画そのものを断念すると発表していた。

Chinese Internet 2011/08/25


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ロシア中央精密機械建造研究所が『マカロフピストル』の後継候補を開発。軍供給の可否は12月以降に決定
アフリカ・ガーナ大統領が陸軍用にトヨタ製ランドクルーザー×135輌の購入を発表
インド州政府がトヨタ製「ランクル」など400輌超購入を承認。州首相・閣僚・議員・官僚へ支給
ドイツ警察のSIG MCX用弾薬に有害な「鉛化合物ガス」が基準を超えて発生。射撃訓練を見合わせの事態に
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ロシア中央精密機械建造研究所が『マカロフピストル』の後継候補を開発。軍供給の可否は12月以降に決定 (2018-10-23 12:57)
 アフリカ・ガーナ大統領が陸軍用にトヨタ製ランドクルーザー×135輌の購入を発表 (2018-10-22 17:26)
 インド州政府がトヨタ製「ランクル」など400輌超購入を承認。州首相・閣僚・議員・官僚へ支給 (2018-10-22 16:40)
 ドイツ警察のSIG MCX用弾薬に有害な「鉛化合物ガス」が基準を超えて発生。射撃訓練を見合わせの事態に (2018-10-22 13:50)
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop