NEWS

ロシア、今後3年で兵士の装備を近代化に改修

海外軍事 Comments(0)
ロシア MIC (Military-Industrial Commission:軍産委員会) の 第一副議長、Yury Borisov氏は 1日、ロシアは今後 3年の間に、国産による "Future Soldier" の装備開発を進める予定であると公式に言明。
世界の他国における軍との、装備での競争を図るとし、この分野でロシア装備が優位性を持つことに自信をのぞかせている。

左:今年の春に “The Voice of Russia” で公開された フランス軍の "FELIN" 。
中:スペイン陸軍で進められていた "Combatiente del Futuro" (= "Combatant of the Future" の意)
右:米陸軍 NATICK Soldier Center で 2003年夏に発表された "THE WARRIOR"

ロシア国防省は今年 2月に "Future Soldier" 装備の確立に当たって、フランスとの "FELIN" (Fantassin à Équipement et Liaisons Intégrés or Integrated Equipment and Communications Infantryman) 装備調達に関する話し合いの場を持ったことを明らかにしている。

"Future Soldier" の初期試験については、米国が 2003年にイラクで実施。その後も NATO諸国で様々なバリエーションが公開されている。

RIA Novosti 2011/12/01
Soldier Systems 2011/03/15
Spanish Army June 2011
U.S. Army NATICK July-August 2003


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop