NEWS

全ての兵士にサーマルを、DARPAがレイセオンへ計画発注

海外軍事 Comments(0)
Raytheon Co. は、DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency:米国・国防総省国防高等研究事業局) から LCTI-M (Low Cost Thermal Imaging Manufacturing) の計画を受注したことを発表した。受注額は、1,340万ドル (約 10.4億円) としている。

全ての兵士にサーマルを、DARPAがレイセオンへ計画発注
米軍では、コストを抑えつつも、小型軽量化を進めて、あらゆる戦術シーンでサーマルヴィジョンがもたらす高いパフォーマンスを獲得する目算だ。
Photo: Raytheon Company

LCTI-M は最終的に、全ての兵士の手元にサーマルイメージがもたらすその効果を与えることをゴール地点に見据えるとしており、まだまだ高額で全兵士への配給が進んでいないサーマルサイトの生産ノウハウを集積化させ、本格的な量産体制の確立へ入る様相となる。

開発を担当する RVS (Raytheon Vision Systems) では、3年契約の下で進められる今回の開発において、重量の軽量化、消費電力の軽減、製造コストの見直しといった課題をクリアさせ、携帯電話やPDA (Personal Digital Assistance ) との統合を可能とするシステムの構築化を目指すとしており、あらゆるヴィークル並びに兵士個々の携行するライフルへのマウント、ヘルメットへの取り付けも想定した開発を進めるとしている。

Raytheon 2011/12/8
DARPA


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop