NEWS

米軍・特殊部隊、中央アフリカ共和国を舞台に移して作戦継続

海外軍事 Comments(0)
先日お届けしたウガンダでの米陸軍・特殊部隊の活動状況について僅かながらの続報が配信された。

ウガンダの反政府組織 "LRA" (Lord's Resistance Army:神の抵抗軍) 狩りを展開中だった米国特殊部隊は、現在、中央アフリカ共和国を基軸に活動中。

作戦のターゲットは、LRA の首領・Joseph Kony。国際的な逃亡劇を繰り広げてきた Joseph Kony は、20年以上に渡ってウガンダ政府との間で戦闘を展開し、一時 190万人の国内避難民を発生させた張本人。Joseph Kony はウガンダ以外にも、中央アフリカ共和国や、コンゴ民主共和国、南スーダン といった広大な地域、4カ国以上に跨り、戦士のリクルート活動しながら惨事を繰り広げてきた、とされている。

この逃亡者の確保に乗り出した オバマ米大統領は今年 10月、陸軍の特殊作戦部隊員 100名を展開してきた。

Defense News 2011/12/20
Ministry of Foreign Affairs of Japan
Photo: U.S.Army 75th Ranger Regiment
Image is for illustration purposes only. Text and photo are not directly related.

過去の「米軍・特殊部隊、LRA 首領 Joseph Kony 捜索作戦」関連記事:
米陸軍の特殊部隊100名がウガンダでLRA首領捜索作戦を開始


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』
カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論
ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用
コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注
米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ
「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米海兵隊の次世代個人携行用浄水システム『IWPS II』 (2018-11-15 12:50)
 カナダ軍が国産迷彩『CADPAT』から米国『MultiCam』への切り替えを検討。識者は血税の無駄遣いと反論 (2018-11-13 13:50)
 ノルウェー警察が一部機関の標準サービスピストルに『SIG P320 X』シリーズを採用 (2018-11-12 15:42)
 コルトとFNアメリカが「M4」「M4A1」生産のため、米陸軍から現行契約からの変更を受注 (2018-11-12 14:17)
 米陸軍が旅団戦闘チームに再補給無しで『7日間』戦える体制を企図。3Dプリンタ等の先進技術がカギ (2018-11-09 18:47)
 「あらゆるセンサーに検出されない」米陸軍の次世代迷彩システム(ULCANS)にイスラエル発祥の企業が受注獲得 (2018-11-09 13:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop