NEWS

ロシア空挺部隊、新型サイト "Shakhin" をテスト

海外軍事 Comments(0)
ロシア空挺部隊、新型サイト Shakhin をテストロシア空挺部隊では、統合火器管制システムの試作機 "Shakhin" の評価試験をおこなっている。

Shakhin は、サーマル機能を備えたナイトビジョンであると同時に、緒元を入力すればどこに着弾するか分かるようになっている模様。
外部の映像・データを出力できるようにもなっており、西側で開発が進められた 次世代個人用武器・OICW (Objective Individual Combat Weapon Increment) で考えられた 統合制御システム、FCS(Fire Control System:火器管制システム) 的な運用を図ることを想定しているようだ。

最新のテストでは、ロシア空挺部隊や海軍特殊部隊が全ての銃器を用いて様々な銃弾で試験したとのこと。ロシア軍では、試験を通して高い特性とパフォーマンスを見出すことができ、その要件が満たされたとしており、テストが成功裏に終わったことを報告している模様。

Army Recognition 2012/01/13


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop