NEWS

ロシア新世代アサルトライフル AK-12 を公開

海外軍事 Comments(0)
ロシア新世代アサルトライフル AK-12 を公開
ロシア国営 Russia Today によると、カラシニコフライフルの象徴であった AK-47 を刷新する最新の AK-12 がベールを脱いだ。
AK-12では信頼性と射撃性能を兼ね揃え、AK-47から引き継いだ従来のレイアウトを採りながらも、機構的に 20箇所にも及ぶ改良が施され、使用カートリッジは最小 5.45 x 39 mm (従来のAK-74用) から 7.62 x 51 mm (NATO弾) まで、様々な口径をカバー。左右どちらの手でもコントロールしやすく、またエルゴノミック (人間工学) デザインが施されていることに加え、NATO標準レイル規格でフラッシュライトやグレネードランチャー、グリップなどが装着可能。刷新された発想の元で開発がおこなわれている。
開発メーカー Izhmash CEO の Maksim Kuzyuk氏 によれば、「AK-12 は信頼性の高さで定評のある AK-74 と同レベルで作動する」と明言。加えてセミ・フルオートと、3バースト機構をも搭載するなどの大きな特徴を持っているとして自信を滲ませている。

ロシアでは、AK-12 を使った極限条件の下で実射テストを繰り返しおこない、遅くとも 2012年末 までの完成を目指すとしている。ロシア国防相関係者によれば、銃器としての正式認定後、AK-12 は既に警察特殊部隊でテストされることが決定している、とのこと。

Russia Today では、上記映像の他にも、AK-12 の細部が写った数ショットの興味深い写真が掲載されている。

Russia Today 2012/02/14


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop