NEWS

タリバン狙撃兵から2度狙われるも、助かった英国兵

海外軍事 Comments(0)
英紙・The SUN では、タリバン狙撃兵の銃弾から 2度 撃たれるも、奇跡的に生存している英国兵士について取り上げた。
この幸運の兵士は、Denis Larubi 上等兵 で、最初に撃たれたのは彼が防弾ガラスで護られた見張り塔で任務に当たっている時だった。彼の顔まで数インチ手前に張られた防弾ガラスによって幸運にも助かった、としている。

そしてその翌日、再び彼はタリバン狙撃兵のレティクルに収まることになる。2度目に狙われたこの時は、彼を保護する防弾ガラスがなく、スナイパーの放った銃弾は無情にも彼の肉体へと一直線に目掛けて飛び込むことになる。
タリバンのスナイパーが放った弾は、彼が携行していた小銃の光学機器に被弾。その刹那、兆弾 (跳ね返りの弾) により弾は左肩付近へ飛び込んだ。この被弾の衝撃により、彼の体は跳ね飛ばされ、彼の体からは液体が飛び散る様子が目撃された。その様子に「無事では済まないであろう」と考えられたが、追って分かったことで、この時の飛び散った液体は飲料用のものであったとして、証言が掲載されている。
これ程大きな衝撃を受けたにもかかわらず、彼の肉体が無事であったのは、彼が着用していた Osprey Mk4 Kevlar body armour のお陰であったとして綴られている。

The SUN 2012/02/15
Photo: MOD CROWN


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop