NEWS

IWI最新の9mm SMG "UZI PRO"展示会で公開

海外軍事 Comments(0)
IWI最新の9mm SMG UZI PRO展示会で公開IWI (Israel Weapon Industries) は、南米チリの首都・Santiago で開催される FIDAE (Feria Internacional del Aire y del Espacio) International Air & Space Fair (Mar 27-Apr 1) を皮切りに、インド New Delhi の DefExpo India 2012 (Mar 29-Apr 1)、ブラジル Rio de Janeiro の LAAD (Latin America Aerospace & Defense) Security (Apr 10-12)で、同社 UZI ファミリー最新モデル 9mm SMG (SubMachine Gun) "UZI PRO" を展示。UZI PRO が主要な武器展示会でお披露目されるのはこれら展示会が初めて。

UZI PRO ではクローズドボルトシステムを採用、ポリマーグリップフレームは両手で使い易いよう人間工学的設計(セレクターは片側のみ)、チャージングハンドルを左に逃がす事によって上面に MIL-STD 1913 Picatinny (ピカティニレール) を装着。フォアグリップとフロントレール標準装備となっている。
セレクターの操作は従来同様となり、ストックは MiniUZI と同じサイドフォールディングタイプとなっている。マガジンキャッチがグリップエンドからピストルと同じような位置に移動していることから、マガジンの共用はおこなえない模様。
レシーバーのボリュームとしては Micro UZI と同様ながらも、バレルが出っ張っていることから日本の 9mm機関けん銃のようにもなっている。

数十年ぶりの UZI フルモデルチェンジ となる、UZI PRO は、そのコンパクトで軽量さ故に、VIPの警護や LE (Law Enforcement:法執行機関)、特殊部隊などコンシールド、オープンキャリーどちらのシチュエーションでの活躍に期待されている、という。

Ammunition : 9x19mm Para.
Operation : Blowback, firing from Closed Bolt
Firing mode : Semi-auto, Auto
Feeding : 25 round magazine
Barrel rifling : 4 RH grooves, 1:10 inch turn
Weight (w/o magazine) : 2.32kg
Length (mm)
Barrel : 152mm
Overall - stock extended : 529mm
Overall - stock folded : 300mm
Firing characteristics
Muzzle velocity (approx.) : 380 m/sec
Rate of fire (approx.) (rds/min) 1,050 m/sec
Sight
Front sight : Post
Rear sight : Aperture, “L” flip type
Optical sight : Optional

Israel Weapon Industries brochure
Defense Update 2012/03/19
Image from IWI Product brochure


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米連邦事業機会の調達公告ネットサービス「FedBizOpps」が終了し『SAM.gov』にリプレイス
ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か
ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入
米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開
Textron社がアメリカ陸軍次世代分隊火器(NGSW)の候補を公開
ジェネラル・ダイナミクスOTSがM4/M249後継の次世代分隊火器にブルパップ式のプロトタイプ『RM277』を投入
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米連邦事業機会の調達公告ネットサービス「FedBizOpps」が終了し『SAM.gov』にリプレイス (2019-11-13 15:49)
 ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か (2019-11-11 13:58)
 ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入 (2019-11-08 11:21)
 米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開 (2019-11-07 10:40)
 Textron社がアメリカ陸軍次世代分隊火器(NGSW)の候補を公開 (2019-11-07 10:20)
 ジェネラル・ダイナミクスOTSがM4/M249後継の次世代分隊火器にブルパップ式のプロトタイプ『RM277』を投入 (2019-11-01 15:20)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop