NEWS

英陸軍、狙撃手訓練コース選抜者の名簿が中古車の中から見付かる

海外軍事 Comments(0)
英陸軍 狙撃兵の訓練コースに選抜された 28人 の兵士のリストが、中古車の中から見付かった。

英国 Yorkshire Post のレポートによると、その資料には 2010年7月2日 と 19日 の日付が記され、リストには 2010年8月29日 から 9月24日 の期間で、10部隊 からなる 28人 の兵士で構成された、狙撃手養成過程の詳細が記されており、狙撃手候補となる兵士らの個人の識別に十分な情報量が記されていた、としている。昨年 8月 に問題の車輌が英国 Leeds のガレージで購入されて以降、9ヶ月間 気付かれないままとなっていた。

リストには実際にアフガニスタンで狙撃兵として派遣されたいた兵士 4、5名 が含まれていたと報じられている。英国防省では、情報セキュリティーの強化と、事件の調査実施を言及している。

相手にその存在を知られること無く敵を排除する役割の狙撃手は、とりわけ敵の報復対象となるリスクの高いポジションとなるため、狙撃手本人はもとよりその家族に及ぶ危険性も指摘される。その為、過去には狙撃手の身元開示については、国防省を相手取り訴訟となった事例もある。

Yorkshire Post 2012/05/17 via Tactical Life
Photo : Two Royal Yeomanry soldiers practicing their sniper skills, from Army MoD UK official website.
Image is for illustration purposes only. Text and photo are not directly related.


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop