NEWS

台湾、米国から中古 M1 Abrams MBT の購入を検討

海外軍事 Comments(0)
台湾、米国から中古 M1 Abrams MBT の購入を検討台湾国防部は、老朽化する陸軍 戦車部隊のアップグレードを図るため、米軍から中古の M1 Abrams 主力戦車 (MBT : Main Battle Tank) を調達する計画を検討中。国防報道官の David Lo 氏 が昨日、地元メディアに伝えたところによると「米国からの戦車取得について現在評価中である」としている。ペンタゴンによると、米軍のイラク、アフガンからの撤退に際し、幾つかの兵器は同盟国に対して売却を模索している、とのことで、今回の件もその一環に当たると見られる。

台湾の Chao Shih-chang 国防副大臣は最近、議会で「陸軍では以前、軍事力強化の為に 200輌 の戦車購入を検討、その多くは 第584 機甲旅団 の拠点、Hukou Township (湖口郷)、Hsinchu County (新竹県) が候補であった」と語った。ソースの Taipei Times では、軍事専門家らによる「台湾の山岳地帯に重量級の戦車配備は適していない」の声を添えて紹介している。

Taipei Times 2012/07/24
Photo from U.S. DoD REPI (Readiness And Environmental Protection Initiative)


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿
ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか?
米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み
中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入
B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表
インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿 (2019-09-19 11:04)
 ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか? (2019-09-18 18:07)
 米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み (2019-09-18 17:24)
 中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入 (2019-09-18 12:54)
 B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表 (2019-09-18 11:04)
 インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発 (2019-09-17 13:56)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop