NEWS

DARPA、周囲に応じて色を変化させるシリコン製のロボット

海外軍事 Comments(0)
DARPA、周囲に応じて色を変化させるシリコン製のロボット
Harvard 大学の研究チームは、DARPA (Defense Advanced Research Projects Agency : 米国防総省国防高等研究事業局) の "M3" (Maximum Mobility and Manipulation) 計画の下で、体色が変化するシリコン製ソフトロボットの稼動実証の映像を公開した。ロボットは周囲の植生に応じて本体内部を満たすマイクロ流体をポンプによって流動させることにより、表面の色変化をおこなう。また温度の変化や点滅も可能としている。公開された実証モデルでは、変化を識別しコントロールするシステムとポンプを、外部に接続することで実現させているが、今後はロボット単体でシステム全体を自己完結できるようにしたい、としている。

DARPA では、シリコン製ロボットが持つ柔らかく、形状の変化に富む特性を活かして、将来の様々な防衛任務のシーンで活用させたい考え。また調達に当たってのコストが低いことへのアドバンテージも挙げており、現在でも 100ドル 程度のコストは、近い将来の実用化時点において、僅か数ドルに抑えることができる、としている。

DARPA 2012/08/16


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲
被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに
ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否
米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達
米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中
米沿岸警備艇が『麻薬密輸用の半潜水艇』を猛追跡。隊員が命懸けで飛び乗りハッチを開けさせる迫力の映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲 (2019-07-19 17:06)
 被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに (2019-07-18 20:32)
 ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否 (2019-07-18 12:35)
 米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達 (2019-07-18 11:21)
 米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中 (2019-07-16 17:47)
 米沿岸警備艇が『麻薬密輸用の半潜水艇』を猛追跡。隊員が命懸けで飛び乗りハッチを開けさせる迫力の映像 (2019-07-12 16:02)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop