NEWS

イスラエル、最大8機のV-22オスプレイを「リース」で調整か

海外軍事 Comments(0)
イスラエル、最大8機のV-22オスプレイを「リース」で調整かIDF (Israel Defense Forces ) は、予てより導入を考えていた V-22 Osprey について、購入資金の不足を背景に、6~8機 を同空軍 IAF (Israel Air Force) 向けの「リース」で調整する可能性があると報じられている。
昨年、米国海兵隊での型式評価に続いて V-22 の運用要求が実施され、IAF は特殊作戦用途でこの Tiltrotor 機 について若干数の「購入」を希望していた。

Flightglobal 2012/08/22
Avio News 2012/08/22
Photo from U.S. Navy
Image is for illustration purposes only. Text and photo are not directly related.


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
インド陸軍が米国SiG Sauer製アサルトライフル『SIG716』の第一陣×10,000挺を受領
リビジョン・ミリタリーが「ガルビオン(Galvion)」に社名変更
30年後の未来に向けた米軍の「サイボーグ兵士」計画で、兵士は『脳で通信』を可能に?
米陸軍に納品されたカプコ社の『M320』グレネードランチャーは欠陥品。100万ドルの支払い命令
「30mmガトリング砲で敵32名を排除」「弾切れ寸前の補給部隊を救出」A-10パイロット2名に勲章
H&K社の監査委員会議長に電撃解任要求。大株主と謎めいた企業との「権力闘争」に発展か
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 インド陸軍が米国SiG Sauer製アサルトライフル『SIG716』の第一陣×10,000挺を受領 (2019-12-12 15:04)
 リビジョン・ミリタリーが「ガルビオン(Galvion)」に社名変更 (2019-12-06 12:13)
 30年後の未来に向けた米軍の「サイボーグ兵士」計画で、兵士は『脳で通信』を可能に? (2019-12-05 17:14)
 米陸軍に納品されたカプコ社の『M320』グレネードランチャーは欠陥品。100万ドルの支払い命令 (2019-12-04 16:35)
 「30mmガトリング砲で敵32名を排除」「弾切れ寸前の補給部隊を救出」A-10パイロット2名に勲章 (2019-12-04 12:02)
 H&K社の監査委員会議長に電撃解任要求。大株主と謎めいた企業との「権力闘争」に発展か (2019-12-03 13:46)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop