NEWS

米大学研究で生きた「ゴキブリ」を遠隔操作する研究が進む

海外軍事 Comments(0)
米大学研究で生きた「ゴキブリ」を遠隔操作する研究が進むNCSU (North Carolina State University : ノースカロライナ州立大学) の研究者らが生物との無線インターフェースに関する研究において、生物を電子的に制御する "Biobotic" (Biological+Robotic) の活用により、生きたゴキブリを題材とし、遠隔操作をおこなうための実験について報告した。レポートでは、マイコンが搭載された 0.7g のゴキブリ専用「バックパック」を背負わせし、リモート操作をおこなうといった内容が報告されている。

昆虫クラスの極小ロボットを機械のみで製造するには、極めて高度な技術が必要となり、実現までに多くの問題を抱える。その一方で生物を電子的に制御する Biobotic の活用では、ゴキブリのような劣悪環境を生き抜いてきたスペシャリストの能力を拝借し、地震などの災害時で崩壊したビルの隙間にいる生存者の捜索など、活用シーンに期待が寄せられている。

今回、レポート上で掲載こそされていないものの、将来的には軍事用途での超小型の偵察用無人機「サイボーグ・ゴキブリ」としての利用も想像できる、といった声もネット上各所にて挙がっている。

North Carolina State University 2012/09/05
PHYS ORG 2012/09/06
Image from North Carolina State University


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは?
【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ?
ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは
アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か
ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始
ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 DJI Mavic3カタログスペック解説 Cineモデルとの違いとは? (2022-06-07 14:29)
 【ミリタリー雑学】Tan499とかCoyote Brown498って結局ナニ? (2022-05-05 19:21)
 ドローンがウクライナ侵攻で果たす役割とは (2022-04-08 16:46)
 アメリカがウクライナに10Km先のターゲットを狙えるUAVを供給か (2022-03-26 13:10)
 ドイツ企業が新型の空挺装甲車の開発を開始 (2021-08-08 11:54)
 ロシアの2つの艦艇向け新型対空防御システム (2021-08-06 16:57)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop