NEWS

ガザ境界を警備するIDFの無人車輌、Guardium UGV

海外軍事 Comments(0)
ガザ境界を警備するIDFの無人車輌、Guardium UGV
イスラエル国防軍 (IDF : Israel Defense Force) は、イスラエルと Gaza Strip の境界線で Guardium UGV (Unmanned Ground Vehicle) を使ったパトロールを 2008年 より実施している。これは IAI (Israel Aerospace Industries Ltd.) と Elbit が共同開発したもので、警備用として恒常的に運用している UGV としては世界で初めての製品。
熱線映像カメラによる監視に加えて、音声による警告も可能。単独でもパトロールを行え、歩兵を増強することで層を増すことができる。
2013 年半ばには、次世代版 UGV の登場も予定している。

IDF 2012/09/10


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か
ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入
米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開
Textron社がアメリカ陸軍次世代分隊火器(NGSW)の候補を公開
ジェネラル・ダイナミクスOTSがM4/M249後継の次世代分隊火器にブルパップ式のプロトタイプ『RM277』を投入
リーサリティーを維持し、車輌搭乗や近接戦闘時の取り回しの良さを追求したマキシム『PDX』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か (2019-11-11 13:58)
 ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入 (2019-11-08 11:21)
 米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開 (2019-11-07 10:40)
 Textron社がアメリカ陸軍次世代分隊火器(NGSW)の候補を公開 (2019-11-07 10:20)
 ジェネラル・ダイナミクスOTSがM4/M249後継の次世代分隊火器にブルパップ式のプロトタイプ『RM277』を投入 (2019-11-01 15:20)
 リーサリティーを維持し、車輌搭乗や近接戦闘時の取り回しの良さを追求したマキシム『PDX』 (2019-11-01 14:16)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop