NEWS

衛星写真で軍事上の重要拠点や特殊作戦訓練施設が露わに

海外軍事 Comments(0)
・台湾政府は米国 Apple 社に対して、iPhone 5 の地図アプリで表示している衛星写真について「軍事上重要な施設が写っている」と指摘。ボカシを入れるよう申し入れた。該当する施設は、新竹 Hsinchu にある長距離レーダー施設で、対中国を見据えた軍事上の重要拠点。元データは商用衛星サービスから入手したもので、法的には問題ないものの「安全保障上の見地から」過去に Google Earth について要請したのと同様に、台湾側は表示をボカすよう求めるとのこと。

・また同様に衛星写真を巡る話題がもう1件。
Osama bin Laden 急襲作戦の暴露本、"No Easy Day" で元・米海軍特殊部隊 SEALs Team 6 "a.k.a. DEVGRU" で著者の Mark Bissonnette 氏が、North Carolina の訓練施設について言及。氏本人は具体的な場所を示していないものの、当の施設とそっくりな CIA の秘密訓練施設が Bing Maps で表示されていた。

・Kathryn Bigelow 監督で、Osama bin Laden 急襲作戦を描く映画 "Zero Dark Thirty" の公式トレーラーの 第2弾 が公開された。戦闘シーンこそ無いものの、トレーラー内には「ステルスヘリコプター」の墜落・炎上シーンや四眼ナイトビジョンを装着した特殊部隊兵士の姿がチラリと写り、マニア心を刺激して止まない構成となっている。

SpaceWar 2012/10/09
Danger Room by WIRED 2012/10/10
Business Insider Military & Defense 2012/10/09
JoBlo Media Inc 2012/10/11
Photo : Bing Maps Show The CIA's Secret Bin Laden Training Facility In North Carolina


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop