NEWS

アフガン派遣オーストラリア軍でマルチカム迷彩戦闘服が支給予定

海外軍事 Comments(0)
アフガン派遣オーストラリア軍でマルチカム迷彩戦闘服が支給予定Jason Clare 豪国防相は、アフガニスタン派遣部隊に支給する MultiCam 迷彩の戦闘服について、製造を進めていることを明らかにした。近いうちに派遣を予定している Adelaide 駐屯の第 7 ロイヤル オーストラリア聯隊・第 7 大隊 (7RAR) と、オーストラリア空軍 (RAAF : Royal Australian Air Force) の RAAF Airfield Defence Guard に対して最初に支給する。
現時点では 78 万豪ドルで 3,600 着を発注しており、迷彩柄の生地は Wangaratta の Bruck Textiles が、迷彩服の仕立ては West Footscray の Pacific Brands WorkWear Group が、それぞれ担当している。年末には、さらに 5,500 着を追加発注する予定。

Australian DoD 2012/10/22
Photo : Australian Special Operations Task Group (SOTG) soldiers on patrol in Afghanistan, from their DoD official gallery.
Daily Telegraph
Image is for illustration purposes only. Text and photo are not directly related.


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop