NEWS

ロシア自動車メーカーZiL、プーチン大統領の国産リムジンを発表

海外軍事 Comments(0)
ロシア自動車メーカーZiL、プーチン大統領の国産リムジンを発表ロシアの連邦テレビで、自動車メーカー ZiL (Zavod imeni Likhachova) が、Vladimir Putin 大統領を乗せる大型高級リムジンの紹介を放送した。現在路上での試験走行がおこなわれている、とのこと。
丸 6年 の歳月を掛けて開発した "ZIL-4112P" のプロトタイプは、6枚ドアで、国産の 7.7L エンジン、6速オートマチック・トランスミッションを搭載、車重は装甲を取り除いた状況で 3.5t とし、燃費は 8.57mpg (miles per gallon, = 約 3.64L/Km)。最高速度は 時速125マイル (約 200km/h) 。
車内インテリアは、豪華な子牛の本革シートを使い、本格的なワークステーションとして活用できる。軽装甲のシャッターが降ろされた際に、外部の様子を確認する為の外付けビデオカメラが用意され、車外の様子や、仕切りの向こうにある運転席の様子をテレビスクリーンで映し出すことができる。その他にも、ZiL 社では、ロシアならではのユニークな秘密のセキュリティー技術を搭載し、トップの身を護ることに自信をのぞかせている。
ソ連崩壊から慣習的に継続されていた外国製の装甲リムジンから脱却し、「ロシア国産車輌」を大統領のリムジンとして使用することは、「愛国精神」の立場からもプーチン大統領たっての注文が付けられていた。

Moscow Times 2012/10/29
Christian Science Monitor 2012/10/31
Photo from World Auto News & Reviews
Image is for illustration purposes only. Text and photo are not directly related.


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
アメリカ陸軍次世代型軍用ヘリの候補にシコルスキー・ボーイング社のSB>1デファイアントが選定
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中にシボレー・カマロを駆って支援物資を届け続けた元特殊部隊員がいる
アメリカ国防総省 テレワーク職員の増加によってネットワークに前代未聞の負荷
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
 アメリカ陸軍次世代型軍用ヘリの候補にシコルスキー・ボーイング社のSB>1デファイアントが選定 (2020-03-19 19:26)
 ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中にシボレー・カマロを駆って支援物資を届け続けた元特殊部隊員がいる (2020-03-18 22:17)
 アメリカ国防総省 テレワーク職員の増加によってネットワークに前代未聞の負荷 (2020-03-17 17:21)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop