NEWS

米司法省、武器に不慣れな要員派遣で大手民間警備会社の起訴発表

海外軍事 Comments(0)
米司法省、武器に不慣れな要員派遣で大手民間警備会社の起訴発表米国司法省は 31日、バージニア州レストンに本拠を置く民間警備会社 (PSC : Private Security Company)、Triple Canopy Inc. の起訴を発表した。
訴えによると、Triple Canopy は、イラク復興支援業務において政府の要求を満たさない銃の扱いに不慣れな要員を派遣、同社が虚偽の報告をおこなっていたとしている。米陸軍がおこなった AK-47 やその他の銃器を使ったテストで発覚。
Triple Canopy は、2009年6月 に JCC-I/A (Joint Contracting Command in Iraq/Afghanistan) より年間 1,000万ドル で契約。イラクで 第2 の規模を持つ Al Asad Airbase の様々なセキュリティーサービス業務を担っていた。

U.S. Department of Justice 2012/10/31
Washington Post 2012/11/01


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か
ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入
米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開
Textron社がアメリカ陸軍次世代分隊火器(NGSW)の候補を公開
ジェネラル・ダイナミクスOTSがM4/M249後継の次世代分隊火器にブルパップ式のプロトタイプ『RM277』を投入
リーサリティーを維持し、車輌搭乗や近接戦闘時の取り回しの良さを追求したマキシム『PDX』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か (2019-11-11 13:58)
 ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入 (2019-11-08 11:21)
 米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開 (2019-11-07 10:40)
 Textron社がアメリカ陸軍次世代分隊火器(NGSW)の候補を公開 (2019-11-07 10:20)
 ジェネラル・ダイナミクスOTSがM4/M249後継の次世代分隊火器にブルパップ式のプロトタイプ『RM277』を投入 (2019-11-01 15:20)
 リーサリティーを維持し、車輌搭乗や近接戦闘時の取り回しの良さを追求したマキシム『PDX』 (2019-11-01 14:16)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop