NEWS

イスラエルで飛来脅威の99%を探知する新システムが運用開始

海外軍事 Comments(0)
イスラエルで飛来脅威の99%を探知する新システムが運用開始イスラエル空軍 (IAF : Israel Air Force) によると、イスラエル国防軍 (IDF : Israel Defence Force) では「飛来するミサイルやロケットの 99% を探知できる、新型ミサイル探知システムの運用を開始した」とのこと。
誤警報を減らしたほか、攻撃対象になる領域を従来のシステムよりも正確に評価する機能が加わり、それによって国民生活にもたらされる混乱を局限する、とのこと。

Israel Air Force 2013/01/16

過去の「イスラエル ミサイル防御システム」関連記事:
13歳の発案、イスラエルミサイル着弾警告アプリ・カラーレッド
イスラエル、アイアンドームに続くミサイル防衛システム配備開始
韓国、条件付でイスラエル製「鉄壁の防御システム」購入検討


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop