NEWS

エール大学、特殊部隊の尋問技術を使って移民のウソを見抜く研修

海外軍事 Comments(0)
米国のリベラル系インターネット新聞 Huffington Post によると、エール大学 (Yale University) では移民のウソを見抜くために、軍特殊部隊がおこなっている尋問 (interrogation) テクニックを習得する計画を立てている。お手本となるのは、海外の実戦で、尋問の経験が豊富な 陸軍特殊部隊 "Green Berets" が予定されている。
ことの発端となったのは、学生新聞 "Yale Herald" に掲載された内容で、計画は 180 万ドル規模、「対人スキル」として 4 月にも開始され、大学内には研修センターが新設されるという。学生達からは、移民をトレーニングツールとして用いることに対する反発も寄せられている。この計画の立案者で同大学の精神科准教授 Charles A. Morgan III 氏は軍との関係を長く持っており、2011 年にはアフガニスタンで陸軍の非対称戦グループ (Army's Asymmetric Warfare Group) に「オペレーション・アドバイザー」として随行、この他にも "SERE" (Survival, Evasion, Resistance and Escape=生存、回避、抵抗、脱出) コースのトレーナー、PTSD (PostTraumatic Stress Disorder : 心的外傷後ストレス障害) の研究者としても従事した経験を持っている。Morgan 准教授はメディアの取材に対して「計画は存在しない」との回答を寄せている。一方、特殊作戦軍 (Special Operations Command) 側にコメントを求めたところ回答が得られなかったという。当の大学側ではその後のコメントで、厳しい倫理審査の基準に照らし合わせてクリアできた上で教育・研究の観点から必要性を見出せれば設立を容認する構え。

Huffington Post 2013/02/20
Photo from Special Warfare July-August-September 2011 / Vol.24 / Issue 3 by DVIDS.
Image is for illustration purposes only.


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop