NEWS

ロッキード、JLTV から DAGR の射出試験を成功

海外軍事 Comments(0)
ロッキード、JLTV から DAGR の射出試験を成功Lockheed Martin Corp. は、同社製 JLTV (Joint Light Tactical Vehicle) プロトタイプを使って、DAGR (Direct Attack Guided Rocket) に加えて Hydra 70 ロケット弾×2 発の試射を実施した。発射に使用したのは、車上に搭載したペデスタル式発射器 (M299×4 連装で、関連するケーブルや電子機器を組み合わせている)。DAGR はこれまでに、1-5.1km の射程範囲で合計 40 回の試射を実施している。プラットフォームとして使用したのは、AH-64D、AH-6、OH-58。ペデスタル発射器を使用した試射は合計 5 回で、うち誘導機構を作動させたのは 3 回。

Lockheed Martin 2013/02/21
Photo from DefenseTech 2013/02/21


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop