NEWS

米国で警察の重武装化を調査するキャンペーンが始動

海外軍事 Comments(0)
米国で警察の重武装化を調査するキャンペーンが始動
米国自由人権協会 (ACLU : American Civil Liberties Union) は全米規模で、重武装化・軍隊化傾向にある法執行機関の実態を調査するため、情報公開を要求するキャンペーンを始めた。海を渡って展開していた米軍のテロリスト対策に供されていた武器・兵器の数々が、各地で撤収している煽りを受け、数十億ドル規模で全米の州・地方警察に配備が進んでいる。MRAP (Mine-Resistant Ambush Protected : 耐地雷・伏撃防護車両) を例にすると、米軍のイラク・アフガン撤退を機に、無用の長物となり国防総省から国土安全保障省 (DHS : Department of Homeland Security) に転用され Special Response Team で利用されている。

ACLU 2013/03/06
Russia Today 2013/02/07
Business Insider 2013/03/04


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
スタンフォード研究所(SRI)が米陸軍の『統合視覚拡張システム(IVAS)』支援契約を獲得
インド軍次世代近接戦闘小銃コンペに豪・タレス社と印・カラヤニ社が共同入札
アメリカ海兵隊が.50口径の重機関銃用に軽量なポリマー薬莢を導入
米陸軍と同盟国による2025年の分隊形成で重要な役割を担う先進装備の試作実験『AEWE 2019』映像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 スタンフォード研究所(SRI)が米陸軍の『統合視覚拡張システム(IVAS)』支援契約を獲得 (2019-04-25 13:13)
 インド軍次世代近接戦闘小銃コンペに豪・タレス社と印・カラヤニ社が共同入札 (2019-04-24 17:37)
 アメリカ海兵隊が.50口径の重機関銃用に軽量なポリマー薬莢を導入 (2019-04-23 19:08)
 米陸軍と同盟国による2025年の分隊形成で重要な役割を担う先進装備の試作実験『AEWE 2019』映像 (2019-04-23 18:48)
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop