NEWS

水陸両用旅団を新編したチリが米国の余剰 AAV 購入を計画

海外軍事 Comments(0)
水陸両用旅団を新編したチリが米国の余剰 AAV 購入を計画1,400 名規模の水陸両用旅団 (Amphibious Expeditionary Brigade) を新編したチリが、アメリカで用途廃止になって保管状態にある AAV7 装甲車を購入する考えを示している、との情報。内訳は兵員輸送型の AAVP7A1×10 両、指揮車型の AAVC7×1 両、回収車型の AAVR7×1 両、デリバリーの時期については 2014 年初頭とされる。Defense Market Intelligence やチリ国防省の blog では、引き渡しに際して BAE Systems の Global Combat Systems 部門でアップグレード改修を施す、としている。入手後は揚陸艦 Sargento Aldea から運用するとのこと。

SpaceWar 2013/06/06
Photo By: Lance Cpl. Caleb Hoover
Image is for illustration purposes only.


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結
アメリカ陸軍次世代型軍用ヘリの候補にシコルスキー・ボーイング社のSB>1デファイアントが選定
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中にシボレー・カマロを駆って支援物資を届け続けた元特殊部隊員がいる
アメリカ国防総省 テレワーク職員の増加によってネットワークに前代未聞の負荷
米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用
アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 インド軍 イスラエルIWI社からネゲヴ軽機関銃約1万6千丁を購入する契約を締結 (2020-03-24 18:13)
 アメリカ陸軍次世代型軍用ヘリの候補にシコルスキー・ボーイング社のSB>1デファイアントが選定 (2020-03-19 19:26)
 ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争中にシボレー・カマロを駆って支援物資を届け続けた元特殊部隊員がいる (2020-03-18 22:17)
 アメリカ国防総省 テレワーク職員の増加によってネットワークに前代未聞の負荷 (2020-03-17 17:21)
 米・ヴァーモント州警察がシグ社のM400 Pro自動小銃を制式採用 (2020-03-16 21:07)
 アメリカ陸軍 H&K社と契約更新 M110A1 CSASS狙撃銃/SDM-R選抜射手小銃を3350万ドル分追加購入 (2020-03-12 21:30)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop