NEWS

米海兵特殊作戦コマンド「MARSOC」プロモ映像

海外軍事 Comments(0)
MARSOC (Marine Corps Special Operations Command : 海兵隊特殊作戦コマンド) は "Today Will Be Different" のキャッチフレーズを掲げた部隊プロモーション用映像を公開した。USSOCOM (United States Special Operations Command : 米特殊作戦軍) 隷下の MARSOC では、直接行動 (DA : Direct Action)、特殊偵察 (SR : Special Reconnaissance)、外国国内防衛 (FID : Foreign Internal Defense)、カウンターテロ (CT : Counterterrorism) などを基本的任務としている。1987 年 USSOCOM 創設の際、海兵隊そのものが一定の特殊作戦能力を備え、個別に専門の特殊部隊を具備していないなどを背景に、海兵隊からの特殊部隊編成が含まれなかった。その後、非正規戦 (IW : Irregular Warfare)、対テロ戦争 (antiterror war) の高まりを受けた 2005 年、Donald H. Rumsfeld 米国防長官 (当時) の下、海兵隊独自の特殊部隊創設が発表。MARSOC は、USSOCOM の発足から遅れて、2006 年 2 月 24 日に創設を迎えた。総兵力は約 2,600 名。

MARSOC - Always Faithful Always Forward 2013/08/05
MARSOC official FaceBook
Ref : Japan white paper on defense 2009, Quadrennial Defense Review Report 2006/02 by Japan MoD

過去の「米海兵隊部隊特殊作戦コマンド・マーソック」関連記事:
MARSOC Leupold Mark8 CQBSS正式購入
Colt、海兵隊向けCQBピストルの契約を獲得


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用
今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』
ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』
FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注
E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース
「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 B&T USA社のサイレンサー内蔵ピストルキャリバーカービン「APC-SD」をニューヨーク州の郡警察が採用 (2018-12-11 18:46)
 今度は牛肉!「ブラックウォーター」ブランドを使ったプリンス氏の新事業『Blackwater Beef』 (2018-12-11 14:40)
 ロシア軍特殊部隊向けカラシニコフ社の極寒地用装備計画『ナヌーク(Nanook)プロジェクト』 (2018-12-10 16:17)
 FNアメリカ社が陸軍から『M240』汎用機関銃の改良契約・14.6億円超の案件を受注 (2018-12-10 13:38)
 E&Lエアソフトが公用向けにペイント弾バージョンの『QBZ-95』自動小銃をリリース (2018-12-07 11:55)
 「無施錠」のカウンティ―(郡)シェリフ刑事車輌からSWAT装備と『AT308』狙撃銃&『SIG P226』拳銃が盗難 (2018-12-06 12:11)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop