NEWS

ハーバード大学 昆虫ロボット「RoboBee」映像

海外軍事 Comments(0)
ハーバード大学 昆虫ロボット「RoboBee」映像
垂直離陸し、空中静止と操舵を可能とする昆虫サイズのロボット "RoboBee" の実動映像が米国 Harvard 大学の YouTube チャンネルに公開された。環境モニタリングや農作物の受粉、捜索救助活動などのシーンを想定したもの。研究は、全米科学財団 (NSF : National Science Foundation) と同大学で生物学的発想工学 (Biologically Inspired Engineering) を専門とする Wyss Institute による協力体制の下、十年以上に渡る集大成。重量は 1/10 グラム以下で、昆虫の飛翔モーションにヒントを得たもの。翅の動きは毎秒 120 回にものぼる高速でおこなわれる。研究チームでは、完全ワイヤレスの自律的作動を目指している。

Harvard University 2013/10/28
Harvard School of Engineering and Applied Scineces 2013/05/02
Progress on "pico" air vehicles - Harvard Microrobotics Laboratory


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か
ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入
米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開
Textron社がアメリカ陸軍次世代分隊火器(NGSW)の候補を公開
ジェネラル・ダイナミクスOTSがM4/M249後継の次世代分隊火器にブルパップ式のプロトタイプ『RM277』を投入
リーサリティーを維持し、車輌搭乗や近接戦闘時の取り回しの良さを追求したマキシム『PDX』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か (2019-11-11 13:58)
 ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入 (2019-11-08 11:21)
 米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開 (2019-11-07 10:40)
 Textron社がアメリカ陸軍次世代分隊火器(NGSW)の候補を公開 (2019-11-07 10:20)
 ジェネラル・ダイナミクスOTSがM4/M249後継の次世代分隊火器にブルパップ式のプロトタイプ『RM277』を投入 (2019-11-01 15:20)
 リーサリティーを維持し、車輌搭乗や近接戦闘時の取り回しの良さを追求したマキシム『PDX』 (2019-11-01 14:16)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop