NEWS

Bin Laden 容疑者の潜伏場所を密告したとする男性が報奨金を要求

海外軍事 Comments(0)
Bin Laden 容疑者の潜伏場所を密告したとする男性が報奨金を要求9.11 テロの首謀として米国が血眼で捜索した末、米軍特殊部隊の急襲作戦により殺害された Al-Qaeda のナンバーワン Osama Bin Laden 容疑者。その潜伏場所をいち早く密告したとする男性が 2,500 万ドルの報奨金を請求する手紙を FBI (Federal Bureau of Investigation : 米連邦捜査局) に届けた。男性は、Michigan 州 Grand Rapids の Tom Lee 氏 (63 歳) 。Gem River Corp. の創業者で、海外を又に掛ける宝石商。職業柄、中東地域を度々訪れていたという。2011 年 5 月、パキスタン Abbottabad で潜伏中の Osama Bin Laden 容疑者は、CIA (Central Intelligence Agency : 米中央情報局) サポートの下、米海軍特殊部隊 SEALs Team 6 (a.k.a. DevGru) の急襲作戦 (Operation Neptune Spear) により殺害されている。Lee 氏が 2013 年 8 月 6 日 に Loevy & Loevy 法律事務所の顧問弁護士経由で証言した手紙によると、それから遡ること約 8 年前の 2003 年 に Abbottabad の建物に潜伏中の Osama Bin Laden の居所を FBI 捜査官に密告したことになっている。現在 Lee 氏は、"We Only Catch The Dumb Ones, The True Story of an Unlikely Spy." という書籍の出版に向けて執筆活動をおこなっているとのこと。

Mlive.com 2013/11/01
MSN.com 2013/11/01
Photo/Anjum Naveed


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿
ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか?
米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み
中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入
B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表
インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿 (2019-09-19 11:04)
 ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか? (2019-09-18 18:07)
 米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み (2019-09-18 17:24)
 中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入 (2019-09-18 12:54)
 B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表 (2019-09-18 11:04)
 インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発 (2019-09-17 13:56)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop