NEWS

上半身外骨格システム「Titan Arm」

海外軍事 Comments(0)
上半身外骨格システム「Titan Arm」
2013 年度のジェームズ・ダイソン賞に米 Pennsylvania 大学の学生チームが開発した上半身の外骨格 (exoskeleton) システム "Titan Arm" が受賞した。開発チームに £30,000、同大学工学科に対して £10,000 の賞金が贈られる。機械工学科の学生 4 名がおよそ 8 ヶ月の期間を要して研究開発が進められたこのシステムは、戦場で兵士による使用を想定したものではなく、リハビリ用途を想定したもの。腕を使って持ち上げる際に最大で約 18kg サポートすることができる。一般的な外骨格システムが 10 万ドル以上のコストに対して、Titan では多くの人に利用してもらえるよう、2,000 ドル以下の低予算化を目指した。今年 9 月、米特殊作戦軍団 (USSOCOM : US Special Operations Command) は、いわゆる「アイアンマンスーツ」実現化に関する公示を発出。敵弾や火炎に対する保護に加えて、より広範な機能実現を示しており、今後の展開にも期待が寄せられる。

JamesDysonFoundation 2013/11/11
Jamese Dyson Award
Titan Arm: A Powered, Upper Body Exoskeleton
CNN 2013/10/25
Kit-up! / Military.com 2013/11/14
Titan Arm official website


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定
SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介
四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応
インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣
エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ
米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 MARSOC新プロモーション映像の製作主要事業者にコロニアル・システムズ社が選定 (2019-05-23 12:11)
 SOFIC 2019で統合化された戦術強襲用軽量オペレータースーツ(TALOS)計画のプロトタイプが紹介 (2019-05-22 19:35)
 四眼ナイトビジョン「GPNVG」の次世代モデルが『五眼』に?!サーマル、拡張現実(AR)、無線通信に対応 (2019-05-22 14:40)
 インドが迅速手続の下で国産『INSAS LMG』リプレイスのためブルガリア、イスラエル、韓国に調査団を派遣 (2019-05-22 13:12)
 エストニア軍の新制式小銃コンペでSIGが追加抗告を断念。LMT製品に遠隔武器管理システムが搭載へ (2019-05-20 15:23)
 米海兵隊特殊部隊員がアメリカ人として初めて仏軍のコマンド訓練を修了 (2019-05-17 19:44)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop