NEWS

上半身外骨格システム「Titan Arm」

海外軍事 Comments(0)
上半身外骨格システム「Titan Arm」
2013 年度のジェームズ・ダイソン賞に米 Pennsylvania 大学の学生チームが開発した上半身の外骨格 (exoskeleton) システム "Titan Arm" が受賞した。開発チームに £30,000、同大学工学科に対して £10,000 の賞金が贈られる。機械工学科の学生 4 名がおよそ 8 ヶ月の期間を要して研究開発が進められたこのシステムは、戦場で兵士による使用を想定したものではなく、リハビリ用途を想定したもの。腕を使って持ち上げる際に最大で約 18kg サポートすることができる。一般的な外骨格システムが 10 万ドル以上のコストに対して、Titan では多くの人に利用してもらえるよう、2,000 ドル以下の低予算化を目指した。今年 9 月、米特殊作戦軍団 (USSOCOM : US Special Operations Command) は、いわゆる「アイアンマンスーツ」実現化に関する公示を発出。敵弾や火炎に対する保護に加えて、より広範な機能実現を示しており、今後の展開にも期待が寄せられる。

JamesDysonFoundation 2013/11/11
Jamese Dyson Award
Titan Arm: A Powered, Upper Body Exoskeleton
CNN 2013/10/25
Kit-up! / Military.com 2013/11/14
Titan Arm official website


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する (2019-08-22 11:04)
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop