NEWS

英軍 新型レーザー・ライトモジュール「Mk3」と軽量双眼鏡

海外軍事 Comments(0)
英軍 新型レーザー・ライトモジュール「Mk3」と軽量双眼鏡英国防省は昼夜のオペレーションで兵士の活動を支援する装備の手配をおこなう。総額 5,300 万ポンドの案件。Mk3 レーザー・ライトモジュールは、SA80 アサルトライフルに搭載可能な重量 244 g の装置で、低照明下での戦闘・射撃をサポートする (海兵隊コマンド部隊向けの装備との報道も)。また、レーザー・ライトと併せて、より良い状況認識をおこなうため、新型で従来品と比べて 50 % 軽量され、ホールドがし易いよう人間工学に基づいた設計がおこなわれた双眼鏡 、15,000 セット以上の配備も併せて進められる。加えて英国防省は主に陸軍予備軍を対象とし、4,000 セットのヘッドマウント式ナイトビジョンシステムの追加配備をおこなう。これらの装備を拡充することで、戦場での兵士の視界をよりクリアに確保し、部隊の状況認識能力を高めることで、戦場全体での巻き添え被害 (collateral damage) の削減へ繋がることに期待を寄せている。

Gov.UK 2014/01/17
Picture: Andrew Linnett, Crown copyright


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
リビジョン・ミリタリーが「ガルビオン(Galvion)」に社名変更
30年後の未来に向けた米軍の「サイボーグ兵士」計画で、兵士は『脳で通信』を可能に?
米陸軍に納品されたカプコ社の『M320』グレネードランチャーは欠陥品。100万ドルの支払い命令
「30mmガトリング砲で敵32名を排除」「弾切れ寸前の補給部隊を救出」A-10パイロット2名に勲章
H&K社の監査委員会議長に電撃解任要求。大株主と謎めいた企業との「権力闘争」に発展か
ピンは歯で抜ける?覆いかぶさったら周りは無傷?手榴弾に関する不都合な真実
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 リビジョン・ミリタリーが「ガルビオン(Galvion)」に社名変更 (2019-12-06 12:13)
 30年後の未来に向けた米軍の「サイボーグ兵士」計画で、兵士は『脳で通信』を可能に? (2019-12-05 17:14)
 米陸軍に納品されたカプコ社の『M320』グレネードランチャーは欠陥品。100万ドルの支払い命令 (2019-12-04 16:35)
 「30mmガトリング砲で敵32名を排除」「弾切れ寸前の補給部隊を救出」A-10パイロット2名に勲章 (2019-12-04 12:02)
 H&K社の監査委員会議長に電撃解任要求。大株主と謎めいた企業との「権力闘争」に発展か (2019-12-03 13:46)
 ピンは歯で抜ける?覆いかぶさったら周りは無傷?手榴弾に関する不都合な真実 (2019-12-02 17:33)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop