NEWS

イラク「ナジャフの戦い」から 10 年、トラヴィス・ハーレイ氏語る

海外軍事 Comments(0)
Magpul Dynamics での華麗なテクニックとそれを裏付ける超絶のバックグラウンド、カリスマインストラクターとして日本でも著名な Travis Haley 氏による「ナジャフの戦い」の個人回想を示す映像が公開となった。「ナジャフの戦い」は、今から 10 年前の 2004 年 4 月 4 日にイラク中南部にある地方都市・ナジャフ (Najaf) で起きた事件。イラクの占領統治をおこなう暫定行政機構・CPA (Coalition Provisional Authority) の施設が数百名のシーア (Shia) 派の武装民兵による襲撃を受け、警備で居合わせた 8 名の民間軍事会社・ブラックウォーター (現 Academi) 社のコントラクターが米海兵隊員、現地憲兵らと共に協力して激しく交戦した。当時、ブラックウォーター社のコントラクターとして活躍していた Travis Haley 氏も CPA 施設の防衛に当たっており、その姿を捉えた映像は後に Travis Haley 氏本人であるとして有名になった (事件の詳細について興味のある方は、この当時の様子を本人による克明に綴った回顧録 (英文) が OAF Nation で掲載中となっているので、そちらより確認頂きたい)。Travis Haley 氏は、米海兵隊武装偵察部隊 (U.S. Marine Corps Force Reconnaissance)、通称「フォース・リーコン (Force Recon) 」のベテラン隊員で、15 年に渡って中東やアフリカ、中央アジア諸国など世界各国に渡っての実戦経験を持つ人物。軍を退いてからは、自身の経験やスキルを活かして民間軍事関連の企業に就き、その後日本でも旋風を巻き起こした Magpul 社のトレーニング部門、Magpul Dynamics の創設を手掛けて CEO に就任。また、同氏は親会社である Magpul 社の CEO にも就任、数々の製品開発にも貢献してきた。現在は Haley Strategic Partners の代表を務める他、戦闘教則映像を手掛ける Panteao Productions の Make Ready With シリーズに出演中。

HaleyStrategic 2014/04/04
OAF Nation 2014/04/04
Haley Strategic Partners official FaceBook 2014/04/05


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
USSOCOM『先進狙撃銃(ASR)』にバレット『MRAD』が『Mark 21』に選定。親子デザイナーの米軍採用は史上初
『米陸軍レンジャーが1,900名のテロリストを殺害または捕縛』JSOC副司令官がメダル授与式で明かす
ドイツH&K社が民間向けオーダーの受け入れを無期限停止。各国の公用バックオーダーを優先に
米陸軍 約17万丁のM4・M4A1自動小銃新規調達の提案依頼を予告
『SIG P320』落下暴発で集団代表訴訟。ドイツ本国は自主回収で3,500万ドル(約39億円)の下方修正を計上
オーストラリア軍の新型制式小銃『EF88 Austeyr』に重大な欠陥。「突発的な爆発」で兵士が顔面を負傷
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 USSOCOM『先進狙撃銃(ASR)』にバレット『MRAD』が『Mark 21』に選定。親子デザイナーの米軍採用は史上初 (2019-03-14 12:59)
 『米陸軍レンジャーが1,900名のテロリストを殺害または捕縛』JSOC副司令官がメダル授与式で明かす (2019-03-13 12:09)
 ドイツH&K社が民間向けオーダーの受け入れを無期限停止。各国の公用バックオーダーを優先に (2019-03-12 13:57)
 米陸軍 約17万丁のM4・M4A1自動小銃新規調達の提案依頼を予告 (2019-03-08 11:45)
 『SIG P320』落下暴発で集団代表訴訟。ドイツ本国は自主回収で3,500万ドル(約39億円)の下方修正を計上 (2019-03-07 15:34)
 オーストラリア軍の新型制式小銃『EF88 Austeyr』に重大な欠陥。「突発的な爆発」で兵士が顔面を負傷 (2019-03-07 13:00)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop