NEWS

ウクライナ Ukroboronprom、T-64 戦車アップグレード改修型・Bulat BM について発表

海外軍事 Comments(0)
ウクライナの Ukroboronprom が、T-64 戦車のアップグレード改修型・Bulat BM について発表した。ロシアの T-90 改良型・Oplot BM と同等の仕様を備えて、かつ安価だとしている。エンジンのパワーアップ、射撃統制装置の改良、リアクティブ アーマーの装備、通信・航法機材の改良といったところが主な眼目。このほか、Kharkiv Plant of Armored Tanks では T-64 の改良型・T-64E を発表。こちらは射撃統制装置の新型化と誘導兵器の運用能力付加が主な眼目で、さらに対空砲などの追加装備も可能だとしている。防禦力の改善については Duplet リアクティブ アーマーないしは Zaslon アクティブ自衛システムを、エンジンについては出力 850HP の 5TDF を提案、Bulat BM より安価にまとめられるとの説明。おカネがない場合には、大規模オーバーホールを実施する T-64BV-1 を提案する。

Ukroboronprom 2014/04/11


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop