NEWS

ウクライナ Ukroboronprom、T-64 戦車アップグレード改修型・Bulat BM について発表

海外軍事 Comments(0)
ウクライナ Ukroboronprom、T-64 戦車アップグレード改修型・Bulat BM について発表
ウクライナの Ukroboronprom が、T-64 戦車のアップグレード改修型・Bulat BM について発表した。ロシアの T-90 改良型・Oplot BM と同等の仕様を備えて、かつ安価だとしている。エンジンのパワーアップ、射撃統制装置の改良、リアクティブ アーマーの装備、通信・航法機材の改良といったところが主な眼目。このほか、Kharkiv Plant of Armored Tanks では T-64 の改良型・T-64E を発表。こちらは射撃統制装置の新型化と誘導兵器の運用能力付加が主な眼目で、さらに対空砲などの追加装備も可能だとしている。防禦力の改善については Duplet リアクティブ アーマーないしは Zaslon アクティブ自衛システムを、エンジンについては出力 850HP の 5TDF を提案、Bulat BM より安価にまとめられるとの説明。おカネがない場合には、大規模オーバーホールを実施する T-64BV-1 を提案する。

Ukroboronprom 2014/04/11


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿
ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか?
米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み
中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入
B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表
インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 シグ社が米鉄道警察での『P320』ピストル暴発の一件についてコメントを寄稿 (2019-09-19 11:04)
 ムキムキのボディービルダーが練習無しで、米陸軍の「体力試験(APFT)」に挑戦するとどうなるのか? (2019-09-18 18:07)
 米陸軍が様々な手法で若者にアプローチし、2019会計年度における採用目標に到達する見込み (2019-09-18 17:24)
 中国製ドローンを禁止していたはずの米軍が、海空軍の特殊部隊で依然として購入 (2019-09-18 12:54)
 B.E. Meyersが米国防総省向けの特定変種『MAWL-X1』の追加を発表 (2019-09-18 11:04)
 インド企業『SSSディフェンス』が国産の軍特殊部隊用スナイパーライフル『バイパー』『セイバー』を開発 (2019-09-17 13:56)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop