NEWS

米空軍の A-10 Thunderbolt II 全機退役計画に下院で「待った」、修正案が可決成立

海外軍事 Comments(0)
米空軍の A-10 Thunderbolt II 全機退役計画に下院で「待った」、修正案が可決成立
米下院 (US House of Representatives) で 6 月 19 日におこなわれた FY 2015 に向けた国防予算審議の席で、予てより熟考されていた空軍の近接航空支援機 (CAS : Close Air Support) A-10 Thunderbolt II "Warthog" (ウォートホッグ, 「イボイノシシ」の意) の全機退役について、阻止する内容の国防修正案 (defense bill amendment) が可決成立した。これは A-10 擁護派の Candice Miller 下院議員を中心とするメンバーの要請に基づき審議が進められてきたもので、一方の空軍では 283 機の退役でおよそ 37 億米ドル (約 3,774 億円) の予算削減に繋がるとしてきた。イスラム教スンニ派の過激派「イラク・レバントのイスラム国 (ISIL : IslamicState of Iraq and the Levant)」がイラク北部での侵攻を進める中、米軍による空からの攻撃に A-10 こそ打って付けではないかという声も上がっている。

AirForceTimes 2014/06/20
Stars and Stripes 2014/06/20
Intercepts / DenfenseNews 2014/06/20
DOD photo/Senior Airman Sierra Dopfel
Image is for illustration purposes only.


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する
USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用
米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用
米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査
僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究
ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 70歳になってからタリバン掃討作戦に参加した歴戦のCIAコントラクターが存在する (2019-08-22 11:04)
 USマーシャルの特殊作戦グループがSTI社のハイキャパシティオートを制式拳銃に採用 (2019-08-20 11:00)
 米シークレットサービスが第5世代グロック19を新たに制式拳銃として採用 (2019-08-09 12:34)
 米空軍が戦闘機パイロットの前立腺ガン罹患率を調査 (2019-08-08 14:59)
 僅か50ミリ秒で獲物の動きに反応して95%の確率で狩りを成功させる『トンボ』から学ぶ新型ミサイルの研究 (2019-08-08 14:41)
 ハイスピードギア社がH&K社の分隊選抜射手小銃(SDMR)契約の一環で「TACO」ポーチ×3万個を供給 (2019-08-06 17:34)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop