NEWS

自己修復・指向性エネルギー兵器・トランスフォーマー・・・BAE システムズ近未来の航空機コンセプト

海外軍事 Comments(0)


BAE システムズは、2040 年またはそれ以前を見据えた幾つかの革新的な航空機向け技術を明らかにし、そのコンセプトを示す 3 種の映像を同時公開した。1 つ目に公開された映像では、自己治癒力を持った航空機のコンセプトが示され、被弾などで傷付いた機体が自然に修復される様子が描かれている。これはカーボンナノチューブ (CNT : Carbon NanoTube) パターン内にある付着性流体 (adhesive fluid) の働きにより自己修復させる機能で、機体が受けた甚大な影響から危険を回避する画期的なコンセプト技術として位置付けている。2 つ目の映像では、指向性エネルギー兵器 (DEW : Directed Energy Weapon) システムによる攻撃能力の可能性が示されている。高速で移動する飛翔体を捕捉して破壊せしめるもので、現行のミサイルなどと比べて 1 発当たりのコストが大幅に低減できる。3 つ目に示された「Transformer」と題した映像では、3 機の僚機がミッション内容に応じて素早く合体・分離するコンセプトが描かれている。

BAE Systems 2014/07/06


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用
米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始
USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約
B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得
米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け
ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米税関・国境警備局がグロック47をはじめ第5世代グロック3機種を採用 (2019-04-19 20:12)
 米陸軍 6.8mm口径の次世代分隊火器(NGSW)を2021年秋から実地試験開始 (2019-04-16 19:10)
 USSOCOMが新型戦闘ヘルメット(FTHS)に『Ops-Core FAST SF』を購入。最大9,500万ドルの契約 (2019-04-15 16:48)
 B&T USAがインディアナ州レイク郡の保安官事務所向け『MP9 9mm SMG』の供給契約を獲得 (2019-04-10 13:30)
 米海軍海上戦闘センター・クレーン局(NSWC-CD)が特殊部隊スナイパー用スコープ『AP-VPS』の情報提供を呼び掛け (2019-04-10 12:49)
 ウクライナRoboneersの無人陸上戦闘車輌『Zhook』 (2019-04-09 19:42)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop