NEWS

自己修復・指向性エネルギー兵器・トランスフォーマー・・・BAE システムズ近未来の航空機コンセプト

海外軍事 Comments(0)
自己修復・指向性エネルギー兵器・トランスフォーマー・・・BAE システムズ近未来の航空機コンセプト

BAE システムズは、2040 年またはそれ以前を見据えた幾つかの革新的な航空機向け技術を明らかにし、そのコンセプトを示す 3 種の映像を同時公開した。1 つ目に公開された映像では、自己治癒力を持った航空機のコンセプトが示され、被弾などで傷付いた機体が自然に修復される様子が描かれている。これはカーボンナノチューブ (CNT : Carbon NanoTube) パターン内にある付着性流体 (adhesive fluid) の働きにより自己修復させる機能で、機体が受けた甚大な影響から危険を回避する画期的なコンセプト技術として位置付けている。2 つ目の映像では、指向性エネルギー兵器 (DEW : Directed Energy Weapon) システムによる攻撃能力の可能性が示されている。高速で移動する飛翔体を捕捉して破壊せしめるもので、現行のミサイルなどと比べて 1 発当たりのコストが大幅に低減できる。3 つ目に示された「Transformer」と題した映像では、3 機の僚機がミッション内容に応じて素早く合体・分離するコンセプトが描かれている。

BAE Systems 2014/07/06


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米陸軍の「ゲームチェンジャー」な新装備『ENVG-B』が完全作戦能力(FOC)獲得へ。NGSWは絞り込み選定実施
カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲
被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに
ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否
米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達
米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米陸軍の「ゲームチェンジャー」な新装備『ENVG-B』が完全作戦能力(FOC)獲得へ。NGSWは絞り込み選定実施 (2019-07-23 13:39)
 カラシニコフ・コンツェルン、米法執行機関向け市場への進出に意欲 (2019-07-19 17:06)
 被害数億円規模 ロシア連邦保安庁のエリート特殊部隊員が押収された現金を着服していたことが明らかに (2019-07-18 20:32)
 ロシアがインドに配慮してパキスタンに要求された小銃×50,000挺を拒否 (2019-07-18 12:35)
 米海兵隊の『Mk13 Mod 7』長距離スナイパーライフルが「完全作戦能力(FOC)」に到達 (2019-07-18 11:21)
 米国防総省が陸軍の募集難をクリアすべく選抜試験突破者に2,700万円のボーナスを支給する案を検討中 (2019-07-16 17:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop