NEWS

米陸軍、ベレッタ M9 9mm ピストルを追加購入

海外軍事 Comments(0)
米陸軍、ベレッタ M9 9mm ピストルを追加購入
米陸軍 M9 ピストルのリプレイスに関する議論が報道される中、Beretta 社が、傘下の Beretta Defense Technologies (BDT) を通じて、陸軍から総額 25 万ドル (約 2,550 万円) 相当の M9 ピストルの購入があったと発表した。

米陸軍の M9 ピストル購入については、2012 年 9 月に今後 5 年の中で 10 万丁の購入がアナウンスされている。

Beretta M9 は、1985 年に米陸軍で採用された 9x19mm のピストルで、1987 年以来 M9 は、メリーランド州アコキークにある Beretta U.S.A. の工場施設で製造されてきた。Beretta 社では、現在までに 5 年契約の 18,000 丁を含む、600,000 丁の M9 ピストルをデリバリーしている。

今月に入ってから海外報道では、MHS (Modular Handgun System) と呼ばれる M9 に代わる次世代ピストル関連の話題が報じられ、その候補として 9 mm 弾よりも大きな口径で威力を重視したものが議論に挙がっていた。
HMS は、現行の M9 ピストル 200,000 丁と M11 9mm ピストル数千丁を対象としたリプレイスで、射撃精度の向上と、高い殺傷性および作動の信頼性と耐久性が希求されている。

MHS の取り組みは 5 年越しでおこなわれているが、もしこれがうまくいくと、国防総省では 400,000 丁以上の新規ピストル購入に充てられる可能性があると言う。

陸軍当局によれば、M9 ピストルは信頼性の問題に悩まされているとのことだが、一方の Beretta 社では、絶え間なくおこなった 17,500 発に及ぶ信頼性試験と、35,000 発に及ぶスライド耐久試験の実施を裏付けに報告を上げている。

Beretta 2014/07/28
Kit Up! / Military.com 2014/07/28
Photo Credit: Staff Sgt. Alexander Burnett
Image is for illustration purposes only.


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か
ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入
米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開
Textron社がアメリカ陸軍次世代分隊火器(NGSW)の候補を公開
ジェネラル・ダイナミクスOTSがM4/M249後継の次世代分隊火器にブルパップ式のプロトタイプ『RM277』を投入
リーサリティーを維持し、車輌搭乗や近接戦闘時の取り回しの良さを追求したマキシム『PDX』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ銃器メーカー「H&K」社が売却。新オーナーは外国籍か (2019-11-11 13:58)
 ドイツ連邦警察がスウェーデンSpuhr社製MP5短機関銃用の銃床を3,000個追加購入 (2019-11-08 11:21)
 米軍SOCOM向け新型軽量中型機関銃(LWMMG)のPVをジェネラル・ダイナミクス社が公開 (2019-11-07 10:40)
 Textron社がアメリカ陸軍次世代分隊火器(NGSW)の候補を公開 (2019-11-07 10:20)
 ジェネラル・ダイナミクスOTSがM4/M249後継の次世代分隊火器にブルパップ式のプロトタイプ『RM277』を投入 (2019-11-01 15:20)
 リーサリティーを維持し、車輌搭乗や近接戦闘時の取り回しの良さを追求したマキシム『PDX』 (2019-11-01 14:16)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop