NEWS

韓国航空宇宙産業 (KAI)、軽民用 / 軍用ヘリコプターを開発へ

海外軍事 Comments(0)
韓国航空宇宙産業 (KAI)、軽民用 / 軍用ヘリコプターを開発へ
2014 年 7 月 23 日、韓国航空宇宙産業 (KAI : Korea Aerospace Industries, Ltd.) は、韓国の産業通商資源部と防衛事業庁から、新型の軽民用・軍用ヘリコプターの開発における優先入札者として選定されたと発表した。

この 2 種類のヘリコプターはそれぞれ、LCH (Light Civil Helicopters) と LAH (Light Armed Helicopters) と呼ばれ、まず 2020 年までに LCH の開発を目指し、その後 LCH を基に、2022 年までに LAH を開発するという。

LCH の重量は 10,000 lbs (約 4.5 t) 級であるとされ、純粋に数字だけでいえば UH-1J に近い大きさということになる。また外国企業に開発への参加を呼び掛けるとしており、現在アグスタウェストランド社、エアバス社、ベル社、シコルスキー社と交渉中だという。

LCH は救急サービス、沿岸監視、旅客輸送に使われるとされ、また LAH は MD500 や AH-1S を代替するという。最終的に 1,000 機の製造を見込んでおり、またそのうち 600 機を輸出したいとの考えのようだ。

同社が発表したプレス・リリースには、LAH のモックアップと思われる機体の写真が掲載されており、尾部にはユーロコプター社 (現エアバス・ヘリコプター社) のヘリコプターでよく見られるようなフェネストロンが見える。また機首にはセンサーポッドと旋回式機銃が装備され、スタブウィングにはロケット弾ポッドを懸架している様子が見える。

KAI 2014/07/23
Text : 鳥嶋真也 - 003


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop