NEWS

米陸軍「スコーピオン W2 迷彩」OCP (Operational Camouflage Pattern) に採用

海外軍事 Comments(0)
米陸軍「スコーピオン W2 迷彩」OCP (Operational Camouflage Pattern) に採用
米陸軍の次期コンバットユニフォームにスコーピオンW2 迷彩がOCP (Operational Camouflage Pattern) として採用されることが決定した。また、2015 年夏ごろから ACU (Army Combat Uniform) として順次手配の予定。

シルエットなどベースデザインは現行モデルと同じだが、迷彩柄の変更に合わせてコンバットシャツの上腕ポケットにジッパーが追加されている。

スコーピオン W2 迷彩は、アメリカ政府との契約の下で Crye Precision (クライ・プレシジョン) 社が開発したスコーピオン迷彩の改良型であり、Crye Precision 社はそれを基に Multicam (マルチカム) を開発した経緯がある。

マルチカムとよく似ているが、一番の違いはマルチカムにはある細い棒状のプリントが無いことがあげられる。色味的には、抑えたグリーン、軽いベージュとダークブラウンのカラーパレットが採用されている。
U.S. Army 2014/07/31
Army Times 2014/07/31
Photo : Master Sgt. Benjamin Owens models the Army Combat Uniform using the new Operational Camouflage Pattern. (Army), via Army Times 2014/07/31
Text : I.Yugeshima - 004


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
H&K社のスーパーバイザリー・ボード議長に『ドイツ連邦軍総監』経験者が就任。大株主が指名
「低炭水化物ダイエットで潜水時間が向上」米特殊作戦司令部が検討
米海兵隊がポイント・ブランク製の38%軽量化した抗弾プレート×68万枚超を購入。FY2020に配備開始
米陸軍が拡張現実(AR)と3Dアバターで負傷兵の解剖学的構造を視覚化するソフトを開発中
米陸軍第82空挺師団所属の狙撃兵が最新精密小銃『CSASS』を使った空挺降下潜入をテスト
米陸軍がFMSを通じてコロンビアに『ファーストスピア』製ベスト&CAG製ヘルメットを供給
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 H&K社のスーパーバイザリー・ボード議長に『ドイツ連邦軍総監』経験者が就任。大株主が指名 (2019-06-26 11:27)
 「低炭水化物ダイエットで潜水時間が向上」米特殊作戦司令部が検討 (2019-06-25 19:03)
 米海兵隊がポイント・ブランク製の38%軽量化した抗弾プレート×68万枚超を購入。FY2020に配備開始 (2019-06-25 18:42)
 米陸軍が拡張現実(AR)と3Dアバターで負傷兵の解剖学的構造を視覚化するソフトを開発中 (2019-06-25 13:32)
 米陸軍第82空挺師団所属の狙撃兵が最新精密小銃『CSASS』を使った空挺降下潜入をテスト (2019-06-24 17:59)
 米陸軍がFMSを通じてコロンビアに『ファーストスピア』製ベスト&CAG製ヘルメットを供給 (2019-06-21 11:16)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop